Day: 11月 8, 2011

バルーンフェスタ BMX ショー最終日

 - by Skip

佐賀、オレンジライダー神埼誠先生の結婚式から約二時間の睡眠時間で佐賀インターナショナルバルーンフェスタのイベントステージに移動した我らTEAM DIG-ITのメンバーは元気に最後のショーを演じきりました…..
と、本当は全員寝不足と二次会で石井ROBOくんから頂いた除霊のせいで背中や胸が紅葉型に赤く腫れておりました。
酒が飲めない僕は二日酔いと除霊はさすがに僕に対してはなかったので(あったら骨の2、3本確実に折れてただろうし最悪の場合は死に至っていたかも)すが眠さは半端じゃなくステージ裏の控え室で寝転んでいたら気が遠くなりかかりました。またこの日は大雨だったんですが雨の音が心地良いい〜。うとうと。

バルーンの競技は天候に左右されるので雨が降ると競技がなくなるから人出も急激に減ってしまいます。
残念ながら今年の大会は最終日の土日が雨に見舞われてしまい、大体90万人以上の集客があるイベントなんですが今年は65万人くらいだったそうです。
そんな訳で3日(文化の日)のBMXショーは立ち見も出るほどの大賑わいをさせて頂いたのですが、最終日6日つまりこの日のショーは観客が少なかったのが残念です。それでもショーが始まるとこんなビックイベントでの最終のショートあってMC乾物くんもライダーも眠気や二日酔いも吹っ飛んでいつも以上に気合いの入った楽しいライディングを披露してくれたのです。それはやっぱり集客にもつながって外を歩いていた人たちも雨宿りということではなく「何だか凄いぞ!」っと集まってきてくれました。最初、後の方で見ていた人たちもショーが始まるとどんどん前の方に移動してくれたのです。
僕たちも、雨でバルーンが飛ばないのに僕たちのイベントを見て頂くお客さんを楽しませない訳にはいきませんよね。
とはいえ僕はただのチームマネージャですけど、ちゃんとウチのメンバーは僕の気持ちを分かってくれますし僕が思った以上に折角来てくださった観客の皆さんを笑顔にしようと全力投球してくれした。

最後、客席のすみっこで見ていた僕は泣きそうになってしまいました。

本当にこんな素敵なステージでショーをさせて頂いて、色んな方の見て頂けて僕は幸せ一杯です。
BMXでモノを売るだけじゃなくて、夢を売るというか、僕の大好きなBMXライダーの素晴らしさを少しでも見せることができて嬉しかったです。
それに、このバルーンフェスタでのBMXショーの皆さんは僕たちのチームに対して心をくばってくださいました。
音楽の打ち合わせや、リーサル、照明、そして控え室まで用意して頂いたのです。
そして僕が一番ありがたいと思ったのは、このイベントのプロデューサーでもある木原慶吾さん本人がご自分はバルーンフェスタの別の会場で仕事をされていてご多忙であるにも関わらず毎回、メールを下さったのです。本当に有り難かったんです。慶吾さんからのメールとアドバイスは。
それは、今回のイベントに関することだけじゃなくこれからの僕達へのアドバイスにもなりました。

TEAM DIG-IT 九州組の一つの夢だった佐賀インターナショナルバルーンフェスタでのBMXショー。
実際にさせて頂いたこともそうですが、お客さんに喜んで頂けようなのが一番嬉しいことでした。
できれば毎年、声をかけて頂けるように僕たちは頑張ります。

バルーンフェスタに関わっておられた全ての方、佐賀市、熱気球大会佐賀運営委員会他の皆さんありがとうございました。
そして何よりも木原慶吾さん、そしてイベントステージ担当の三好さん他スピリッツの皆さんに感謝です。
見てくださったお客さん、ありがとうございました。

最後にうちのメンバー全員(のっぽんやタクマも応援してくれてありがとう!)にありがとう!
みんなは最高です。僕の宝です。

*撮影はプロカメラマンの藤島さんです。藤島さんも本当にありがとうございました。(一部は僕が撮影した写真です)

バルーンフェスタBMXショー 11月3日 の写真集

 - by Skip

佐賀インターナショナルバルーンフェスタでのBMXショーをプロカメラマンに撮って頂いたので掲載します。
満員御礼の11月3日分の写真です。