中尾太三選手 壮行会

 - by Skip

poster

九州にはBMXレーストラックがありません。
でも、九州にも頑張っているBMXレーサー達がおります。
彼らにはまともに練習できる環境もありませんし、プロの走りをみることもほとんどできません。
レースをするには最低でも広島まで遠征しなくてはなりません。
レースと練習を一緒にするような環境なのです。
そんな厳しい環境ですが、福岡市の山間部に個人で土地を借りて狭いとはいえ練習コースを作った方がおられたり、そのコースから今年七月にニュージーランドで開催されるBMX世界選手権に日本代表として選ばれるライダーが生まれたのです。
それがこの記事の主人公、中尾太三さんです。

中尾さんは佐賀県武雄市生まれ在住の33才。小学生2人のお父さんでもあり、子供達2人もレーサーとして大活躍しているBMX一家なんです。
中尾さんがBMXレースを始めたのは、四年ほど前久留米市にあるサイクルファミリーパークのイベントでBMXレーサーの走りを見た、中尾さんの子供達が「お父さん、僕達あれがやりたい。どうしたらできるの?」と興味をもったからです。それまで野球少年だった子供達はBMXレースに夢中になりそれをサポートしてきた中尾さん自身がBMXをするようになったのは三年ほど前なのです。
子供達を通じて始めたBMXレース。中尾さんも去年からレースに出始めていきなり上位に!
もともとスポーツマンで運動神経抜群だったのが幸いしてかどんどん頭角を現して西日本でランキング二位になりキャリア数年で世界選手権の代表資格を手に入れたのです。

代表資格を手にれたとはいえ、日本ではマイナースポーツであるBMXレースですから渡航費や滞在費などは当然自分持ち。五十万ほどのお金と一週間仕事を休む必要があり、世界選手権に出場するにはそんな現実的な高いハードルがあるのです。
中尾さんも相当悩まれておったのですが、自分の為と言うよりも九州の環境をよくするためのアピール、そして子供達に夢をつなぐ為に出場を決意してくださったのです。

みなさん、ご存じかどうかわかりませんが、去年、武雄市がBMXの国際レースが開催出来るコースを作ると新聞などで報道されたのです。
僕自身も、関東から佐賀に来てレースコースがないのには驚きました。
皆さん広島まで行かれている現状は酷すぎるなと思いました。
三年前、菊池哲太朗が遊びに来てくれたとき倉谷太郎の発案で福岡のプライベート練習コース NBC で「菊池哲太朗のBMXレース教室」を開催しました。その時に大人達はもちろんですが子供達に真剣なまなざしや笑顔、哲太朗に対する憧れをこの目で見たときに「九州にレースコースを作りたい」という思いは決定的になりました。
その思いはこの練習場にきておられるライダーみんなの思いと一緒でした。
だけど僕達には政治力もないし、どうしたら良いのか分かりませんでした。
だけど水面下でも出来ることはしようと、いろいろやってみてたのです。
そこで来たのが「武雄にレースコース作製か?」っという新聞報道だったのです。
この記事を見たときは本当に嬉しかったです。コネやお金もない僕等でも行政は動いてくれたって思ったのです。
だが、この話はだんだんしぼんでいっているようでした。
いったい、どうなってしまうんだろう。
市役所の担当の方に話を聞きにいきお願いもしました。

話は縮小傾向の中、力強い協力者も現れました。
武雄競輪場のレジェンド 佐々木昭彦さんや有志の方々、武雄スケーターのリーダー 純平君など、地域の自転車と若者スポーツ、文化を真剣に考えるメンバーが応援団に加わってくださったのです。

「武雄にレースが出来るBMXコースを!」その顔として立ち上がってくれた中尾さん。
本当は自分よりも2人の子供達をBMXのオリンピック選手に育てたい! 子供達もオリンピック選手になりたい! そんな思いを実現するためにもせかっく手にれた代表の座です。
僕達はその思いにどうすればこたえられるのか?
そこで佐々木さんを中心としたメンバーが武雄のホテルで中尾さんの壮行会を開催しようと発案してくださったのです。
僕と、倉谷太郎もメンバーにくわえて頂いて、この会に出来る等だけたくさんの人を呼んで中尾さんへの応援、そしてコース作成へのお願いをしようとミーティングを重ねたのです。

IMG_5221

そして6月30日、武雄センチュリーホテルで「中尾太三選手を世界に送り出す会」を開催できました。
数々の皆さんの努力のおかげで約120名の中尾太三選手サポーターのみなさんがに集まってくださいました。
一体どれだけの人が来てくだあるのか心配していたのですが、120人とは!
130630taizo - 007
さすがにホテルのパーティは違いますね。僕等レベルだと公園とか…..

130630nakao-0054 - 13
受付も大忙しです。

130630nakao-0054 - 17
キッズ達は記念Tシャツの販売に頑張ってくれました。

130630nakao-0054 - 18
本当は挨拶苦手だけど中尾さん頑張ってました。

130630taizo - 018
会場はこの賑わい!

130630nakao-0054 - 22
武雄市副市長の前田寿美様の挨拶

130630nakao-0054 - 23
聴いてるBMXメンバー

130630nakao-0054 - 24
佐賀県会議員 石丸博 様から激励の挨拶

130630nakao-0054 - 25
武雄市議会議員 牟田勝浩 様からの祝辞です。

その他、佐賀県議会議長の 稲富正敏様から乾杯の挨拶、佐賀県 文化・スポーツ部 スポーツ課 副課長の 福地弘寿 様から激励の挨拶、競輪選手会 佐賀支部長の原司 様から激励金の贈呈もあって豪華絢爛。
僕もこんな凄い人達と同じ会場におれることにびっくりするやら緊張するやらでした。
一番凄いと思ったのは、皆さん話が滅茶苦茶上手だったことです。話すのが商売だから当たり前ではと思われるかもしれませんが、長々と話をされることなく丁度良い尺でポイントを突いた楽しい話をされることに素直に凄いっておもいました。見習いたい…..たぶん無理だけど。

130630nakao-0054 - 26
ピンクの貴公子とBMXプロレーサーの三輪郁佳ちゃん。

130630nakao-0054 - 27
佐賀ライダーの神埼誠先生と大橋画伯も中尾さんの応援!

130630taizo - 028
僕等のリーダー、闘将佐々木昭彦さんと実は昭彦さんのファンでもある佐賀のBMXシーンの写真を撮ってくださっているカメラマンのとしあみんさん。お二人ともお世話になっておりまする。

130630taizo - 042
記念Tシャツのアピールをする 昭彦さんと武雄のスケーターのリーダー純平君。

130630taizo - 046
応援挨拶をするNBCリーダーで自身 世界選手権のクルーザークラスに代表ととして出場する福岡の鶴田さんとTシャツをデザインしてくださった福岡のBMXライダーでデザイナーの山本さん。

そのあと、お待ちかね MCカケラ、ピンクの貴公子と佐賀のお祭り男によるBMXショータイム開始です!
130630taizo - 057
ピンク太郎決めまくります。笑いもしっかりとります。

130630taizo - 061
佐賀のお祭り男 藤井成一も凄い技を決めまくって場内盛り上がりました。

ショーの最後にはキッズレーサー達もジャンプで登場!
そしてここでサプライズ!
子供達が中尾さんに作文を披露
130630taizo - 092
お父さんはいつもカッコイイ。お父さんは僕達にあこがれで大好きって子供達。
いいな〜、僕も言われたいぞ。きっと一生いわれることは無いけど。
130630taizo - 097
この作文を聴いて涙ぐむ中尾太三選手。いや、お父さん。

130630taizo - 098
見事な涙目です。

そして次もサプライズ。
130630taizo - 101
中尾ファミリーが大好きな 菊池哲太朗、菊池雄、生方朗と三瓶将廣 選手からビデオレター。
凄いです。

130630taizo - 102
ほんで、挨拶が苦手な人の挨拶があったり

130630taizo - 121
三輪郁佳ちゃん立派な挨拶もあって

130630taizo - 123
これもサプライズで中尾さんの奥様の挨拶! 照れてました。

130630taizo - 127
中尾太三選手から感謝の挨拶です。

130630taizo - 131
聞き入るオオゴショさん

130630taizo - 134
感涙する中尾選手

そして最後は 武雄市議会議員の上田雄一 様による万歳でしたが、上田様の発案で頑張ろう三唱に。
130630taizo - 147
中尾選手のご一家が壇上にあがって頑張ろう!
楽しかった〜

頑張ろう三唱有難うございました。

130630nakao-0054 - 47
中尾太三応援隊で記念撮影。

130630taizo - 152
BMXメンバーで!

130630taizo - 157
ファミリーで!

皆さんのおかげで凄いパーティーが開催出来て、人の力って凄いなって実感しました。ジャンルを超えた人のつながり。
中尾さんを応援しようというその思いだけでこんな素晴らし壮行会ができて感動しました。

頑張れ!中尾太三 選手!
頑張れ! 鶴田聖二 選手!

皆さん本当に有難うございます。
武雄を自転車スポーツの街に!

閉会後にやっぱり遊ぶこのお方。
130630nakao-0054 - 46

Leave a comment