【レポート】佐賀のRUN 2014

 - by Skip

140720saganorun-jk - 032

☆想い出 7月19日 2014年
翌日の迫った佐賀のRUNに向けての最後の準備の日でした。
ディギットに集まった実行員のみんなで先ずはラーメン。
そして協賛品他を準備しました。
この準備は6人で五時間近くもかかりました。
それだけ沢山の協賛品を頂いたという事で改めて大感謝。
なんとか、協賛頂いたみなさん、後援頂いた皆さんに協力して良かったと思っていたけるイベントにしようとスタッフ一同気持ちを一つにすることが出来る準備時間でした。
協賛品受け取りの最後は第二回目から熱い応援を頂いている村岡屋さん。
千代田店に伺って素適に包装して頂いた賞品を受け取りました。
店内にはポスターも貼って頂いてここでも頭が下がりました。
有難うございます。

その後続々と岡山、宇都宮、東京、兵庫などからライダーがディギットにも立ち寄ってくれました。ただし、店内は仕分け準備で商品をご覧になれる環境でなくてごめんなさいって感じでしたが。

午後9時半からは会場の準備、飾り付け、テント設営、清掃を行いました。
直ぐ近くの スポンサー一休軒さんにのぼりをおかりに行って、色々してると第一回からのスポンサーさん佐賀の ぎょうざ屋さんが 協賛品を会場に届けてくださいました。毎回ぎょうざ屋さんにはお食事券を提供頂いてますが今年もオリジナルのデザインのぎょうざ券!頂きました。 凄く手をかけて頂いて大感謝です。
打ち上げ会場でもありスポンサーの サガン鳥栖オフィッシャルバー THE SAGANのスタッフの皆さんも様子を見に来てくださってました。
打ち上げも楽しみです。

結局設営準備が終わったのは12時前。
しかも準備には宇都宮から来てくれたライダー、東京や福岡のライダーも加勢してくれました。
みんなに支えらえて佐賀のRUNあります。

そして次の日、本番へ続く

140719saganorun - 18

☆7月20日(日)大会当日
今回こそは役員の集合時間に遅刻せずに会場に到着。去年は遅刻してやんやか言われたんです。
びっくりしました。まだまだ受付まで時間があるというのにもう沢山のライダーが!!! うれしい〜
140720saganorun-ts - 0017

140720saganorun-ts - 0019

早速テントを配置したり受付の準備などを手際よくしてスタッフ会議。
そして受け付け開始となりました。
受付の順番を待ってくれる長蛇の列を見たら泣きそうでした。今年もここまでたどり着いたんだって。
だけど、ちょっと待って!
またこれから始まるんじゃ無いか。終わってから感激しようと思い直します。
心配した天気も大丈夫の様だし今年もみんなで絶対楽しい大会にするぞっと言う事恒例の開会式。
もちろん選手宣誓はいつものように九州の重鎮、石井ロボくんとピンク太郎。今年もたいそうご立派な選手宣誓を頂きました。

そしていよいよ競技開始です。
140720saganorun-ts - 0039

各競技のレポート
「丸ぼうろクラス」
丸ぼうろクラスはフラットランドの入門クラスで参加者は30名でした。
このクラスには小学生が五人。女性が四人参加。優勝したのは兵庫県から来てくれた小学生ミナトくん。子供の枠を越えたスーパーキッズでした。実は彼、他のイベントでも大人を負かせて優勝する強者なのです。ベスト10 には地元佐賀の高校生、大学生も入賞しました。
宇都宮から親子四人で参加された東さんも一家四人で大会出場!
大会前日には佐賀市内で協賛頂いておるお店さんにも行かれたそうです。有り難いことです。

140720saganorun-ts - 0063

140720saganorun-ts - 0100

140720saganorun-ts - 0113

140720saganorun-ts - 0115

140720saganorun-ts - 0125

140720saganorun-ts - 0141

140720saganorun-ts - 0189

「ブラックモンブラン クラス」
ブラックモンブラン クラスはフラットランドの中級クラスです。
こちらも参加者は30名。
神戸から地元九州に凱旋した元大分ローカルのユキちゃん、見事予選を勝ち抜いて十名からなる決勝でも8位に入賞しました。他に関西、広島、岡山、関東、名古屋などからも参加者があり優勝は長崎から毎年参加してくれいるガジロウこと佐藤昇でした。ガジロウは毎年表彰台には上っているものの今回遂に悲願の初優勝!おめでとーガジロウ!

それから佐賀のオオゴショさんが予選を通過しました。びっくりした。

140720saganorun-ts - 0357

140720saganorun-ts - 0368

140720saganorun-ts - 0385

140720saganorun-ts - 0395

140720saganorun-ts - 0427

140720saganorun-ts - 0445

140720saganorun - 16

「さが錦クラス」
フラットランドのプロ、上級者クラスです。参加者は16名。
さすがに世界ランカーや元全日本チャンピオンなども参加しておるので超絶技巧な技のオンパレード。
優勝は愛知県からきたエノヤンでした。彼はこの大会初挑戦初優勝。エノヤンとはもう十五年を越える長い付き合いだけど、これだけハイレベルでミスをせず全部決めてくる彼を初めて見た気がします。改めて彼の凄さに脱帽しました。凄すぎです。
準優勝には2年連続で地元佐賀のプロライダー藤井成一が輝き佐賀県のレベル高さを証明してくれました。成一次は優勝しかない!
そして、三位になった初代チャンピオン河村卓馬もKOGチャンピオンになった2005年をおもいおこさせる絶好調ぶり特に準決勝でのライディングは正に「神様」でした。僕も嬉しかった〜。実は本人もびっくりしたそうです。
そして並み居る強敵をなぎ倒して決勝に進んだ岡山のユウジの完成度の高さにも驚かされました。凄いな。

それから、モリッチ! 凄すぎ!もう彼が佐賀のrunに来てくれてそれだけでも嬉しいのに、トリック滅茶苦茶格好良かった。痺れました。
谷川もわざわざこの大会に出るために九州に帰ってきてくれて有難う! 神戸に行ってますます進化しているタニッチですが、遊び心と洒落をわすれてないのが九州人らしくて嬉しいです。彼にも感謝の気持ち一杯です。神戸でもっと凄くなれ!タニッチ!
今回リアライダー凄かったんですが、卓馬、モリッチ、そして広島のタカ!こんな豪華な共演滅多にみれません。そして三人ともスタイルが違うのがまた凄い。
大分の石井ロボくん。石井君にはいつも感謝の気持ちで一杯なんです、いつも来てくれてそして誰よりも観客を楽しませてくれるんです。大好きです。
河童、太郎も今回好調で準決勝進出したのも嬉しかった〜。
佐賀のrunこゆいメンバーでお送りしておりますね。

140720saganorun-ts - 1130

140720saganorun-ts - 1140

140720saganorun-ts - 1167

140720saganorun-ts - 1196

140720saganorun-ts - 1198

140720saganorun-ts - 1201

140720saganorun-ts - 1216

140720saganorun-ts - 1255

140720saganorun-ts - 1344

140720saganorun-ts - 1381

「ストリートボックス クラス」
ストリートボックスクラスは会場の真ん中に箱状の障害物を置きそれを飛び越えたり、のったりしながら技を競い合うジャンプ系競技でがこちらも九州・中国地方の有名選手が参加してくださり熱戦が繰り広げられました。
観客の方も高いジャンプや迫力あるアクションに大興奮で拍手を送って下さいました。
優勝したのは長崎県佐世保市から参加の野口くん。 野口くん上手すぎ。
大分の太一、イナバ軍団のザッキーみんな凄かった。結局30分の予定が盛り上がりすぎて一時間になってしまった、ボックスジャムでした。

140720saganorun-ts - 0767

140720saganorun-ts - 0775

140720saganorun-ts - 0780

140720saganorun-ts - 0784

「バニーホップクラス」
こちらは単純明快、自転車による走り高跳び競技。
バーを落とさずに出来るだけ高く飛んだ方が勝ち。
優勝したのは現在全日本チャンピオンの福岡出身のマツケンで102cmを記録しました。
二位は佐賀の高校一年生、土井康平。95cmを飛びました。特筆すべきは土井くんは去年の大会では70cmしか飛べなかったのにこの1年で記録を25cmも上げたことです。本人もびっくりの成長ぶりでした。

140720saganorun-ts - 1023

140720saganorun-ts - 1035

140720saganorun-ts - 1043

140720saganorun-ts - 1044

四回目の開催となった今年も参加者が106名と2年連続で百名を突破し九州最大のBMXイベントに成長したものと自負しております。
参加者は関東、愛知、三重、関西、岡山、広島、山口、四国そして九州全県から愛好家達が集まってくれました。
参加者の年齢は下は7歳から上は50才、女性も5名参加があり幅広い層に楽しんで頂けたようです。
途中当然のゲリラ豪雨に見舞われたりとハプニングもありましたが素晴らし会場のおかげで何の問題もなく運営が可能でした。

140720saganorun - 11

140720saganorun-ts - 0156

140720saganorun-ts - 0848

140720saganorun-jk - 157

☆総括
毎年進化するこのイベントですが今年から 佐賀県、佐賀市、佐賀市観光協会、佐賀商工会議所、サガテレビ、エフエム佐賀、佐賀スポーツコミッション様他に後援頂きそのプライドを胸に今年開催しました。佐賀の公認イベントとしてもっと全国に知られるようさらに努力いたします。

佐賀のRunは佐賀以外では絶対に開催出来ないイベントです。
全国から佐賀に来て頂いて佐賀を思いっきり楽しんで頂くことをコンセプトにしております。
開会式も競技中も表彰式、閉会式まで皆さん笑顔です。特に表彰式では結果を称えられるだけではなく、他では絶対受け取れない佐賀の特産物を手にすることもでき大変盛り上がります。その為に佐賀の多くの皆さん、企業様などのご協力頂いておりますし、佐賀県や特産品を知って頂いてファンになって頂きたいのです
この様に、すべてを地元佐賀にこだわった運営が「何だか佐賀の大会は滅茶苦茶面白らしい」と噂を呼び全国からライダーがやって来てくれます。今まで来たこともない佐賀県に!

佐賀のRUNは佐賀という場所を強烈にアピールする他にない地域密着のBMXコンテストとして独創的で日本一楽しいイベントに育てて行きたいと思っておりますのでぜひ来年遊びに来てくださいね。

140720saganorun-ts - 1391

☆表彰式の模様
丸ぼうろクラス
140720saganorun-ts - 1418

ブラックモンブランクラス
140720saganorun-ts - 1444

バニーホップクラス
140720saganorun-ts - 1453

ボックスジャム
140720saganorun-ts - 1463

さが錦クラス
140720saganorun-ts - 1493

HOODS CREW賞
140720saganorun-ts - 1456

HTB賞
140720saganorun-ts - 1458

STABLE賞
140720saganorun-ts - 1459
140720saganorun-ts - 1460

FUN RIDE賞
140720saganorun-ts - 1496
140720saganorun-ts - 1498

☆大会終了後はTHE SAGANで打ち上げです!
比較的静かに始まった打ち上げでしたが、近日公開になるBACO VISION最新作の予告編を放映。
そして真打ち、名物の「男爵」がおこしになり、女子に囲まれておりました。
宇都宮から来た男性は帰りたくないと泣いたり、楽しまれたようでございました。
お店の方にとてもよくして頂いてこちらも楽しくて感謝一杯の打ち上げでした。
140720saganorun - 24

140720saganorun - 25

140720saganorun - 29

140720saganorun - 33

140720saganorun - 34

140720saganorun - 39

140720saganorun - 42

140720saganorun - 44

140720saganorun - 45

140720saganorun - 46

140720saganorun - 50

そのあとは 。。。。。

また来年。

九州BMX協会 佐賀のRUN 2014 実行委員会 委員長 Skip

*佐賀のRUNは次の日も乗れるんです!
こんな感じで翌日は朝から練習会です。
140721saganorun - 7

140721saganorun - 8

お腹が減ったら会場裏のスポンサーさん「ぎょうざ屋」さんへ!
初めて佐賀餃子を食べた、餃子の街宇都宮からきたSJC三号とぎょうざ屋の加藤さん。
140721saganorun - 3

モリッチと!
140721saganorun - 2

忙しかったけど楽しかった。

本当に皆さん有難うございました。

Leave a comment