ピンク太郎が佐賀の名物社長とテレビロケ!

 - by Skip

もう、時効だと思うのでおしらせしますが、10月の中頃、知り合いから電話がありてテレビに出てくれるBMXプロライダーを探しているという。
どういう事でなどという詳しい事は全く知らされずとにかく平日ロケに来てくれるライダーを探しているというのだ
連絡くれた人間も又聞きで探している大元だ誰なのかも分からず、戸惑いました。
しかし、一応ライダーだけは確保しなくてはっと思ったけど平日午後のロケに来られるライダーなんてピンク太郎しかおらんやん!
一応太郎に訳は分からんけど来てくれる様にアポをとって依頼元から連絡があるのを待っていました

そして、夕方依頼元から連絡がありこういうことだったのです!
テレビ朝日 羽鳥慎一のモーニングショーのコーナーで「ワンダふるさと」というコーナーがあり 2015年10月30日 放送回で佐賀が特集されるのですがその中で、うちと同じ神埼市内にある 馬場ボディー(馬場ボデー)さんが取材対象で社長の馬場さんがつくられた「乗れない自転車」にプロのBMXライダーが乗ってチャレンジして欲しいということでした。
ちなみに依頼先は佐賀県の広報担当部署からでした。

P1280627

地元では滅茶苦茶有名な馬場ボディー。
一番有名なのはエッフェル塔があること!
真っ平らな佐賀平野を360度展望できるエッフル塔
社長さんが自分で作られたんです
高さは22メートルの本家よりもだいぶ縮小サイズですが両サイドにミニタワーが付いてますが、これ本家の最初の設計図にあった形だそうで、本家が実現できなかった本来の姿を佐賀平野に再現されているというのが凄いんです。
馬場ボディー元々は隣町の三田川町にあってエッフェル塔もありましたが、吉野ヶ里歴史公園がができてそこの敷地となったため会社もこの塔もそのまま現在の場所にムービング!
しかもこのエッフェル塔、最近またリニューアルされたんです。以前の塔は溶接で作られていたそうですが、社長が歳をとっても補修が容易に出来るようにとボルトナット方式で作り直されたのです
アイデアと技術、実行力半端じゃありません!

そして当日(依頼を受けた翌日!)車で十分のところにある馬場ボディーにピンク太郎と向かいました
何度も前を通ったことはありますが敷地に入ることははじめてでした
エッフェル塔は見事でした
すると、入口に気になる看板を発見!
IMG_8972

….練習して居りますので….って!?
何の練習?!
馬場ボディーの馬場社長、実はエッフェル塔だけが有名なんじゃなく色んな事で有名なんですが、その一つがアスリートとして滅茶苦茶有名なんです
それは地元テレビにも何度も取り上げられる凄さで、本職の棒高跳びでは県の協議会で高校生に勝つ程の腕前
御年67才! アジア大会にも出られる程の腕前なんです!
そして、身体を鍛えることに関してはストイックと思えるほどの努力と練習をされており、看板にあったとおり工場の一番奥には棒高跳びの室内練習場。別室にはプライベートジムに訓練用のロープ? 等々っ凄いんです

その他にも凄さ満載なんですが、徐々に紹介してまいりましょー
馬場社長、僕も以前から滅茶苦茶気になっていて、地元のテレビでも取り上げられたりで凄かったんですがなかなかお目にかかれる機会がなく思っていたんです。それにテレビで見たら失礼ですがちょっと偏屈なおじさんにおもえていたんですね。しかし実際はめっちゃくちゃよか人でした。感動するくらい

さて、馬場ボディーに到着して佐賀県の担当者さんとテレビ朝日の担当ディレクターさんにご挨拶
担当のディレクターさん、僕と太郎の事をご存じだったんです
実はディレクターさん元々スケーターだったそうで、北山努と同級生で一緒に練習していたと!
それで僕達の事をご存じだったんですね
これはやりやすい!っすよね

IMG_9005

IMG_9006

ではお仕事開始
先ず最初に紹介するのは、小説の原稿です!
馬場さん、最近は執筆に夢中だそうです
まだ、執筆途中の原稿見せてくれたんですが「途中のものを見せるのはまずいんじゃないですか?」って聴いたら「よかよか」って
太か男でした!
ネタは79年前に背振山に墜落して地元の人達から救助された ジャッピー飛行士遭難 を題材にされたものでした
馬場さん地元を本当に愛されておられますね

P1280633

続いてヨーロッパのお宝陶器を忠実に再現したレプリカを解説
工場の奥に進んで行くと屋根から色んな自作自転車がつり下げてありました
こいつはサイドカー

P1280597

鉄ものだけではありません!
豊臣秀吉が作ったいう秀吉の茶室も再現!
P1280603

P1280604

凄すぎ!

まだまだこんなもんじゃありませんよ
壁にはご自分で描かれたと思われる名画の数々
ゴジラの頭みたいなものも!

この「おともだちさくせん」は大量のシャボン玉を作るマシーンで キッズのイベントなどで実際に使われていてとっても素適なメカなんです!
ちゃんと子供たちが操作する部分があるのが夢がありますよねー
IMG_8980

そしてこれを紹介しないわけにはいかないしょう
馬場ボディが板金、塗装の本業以外に有名なエッフェル塔と並ぶ名作品
それは 零戦!
実寸大の完全レプリカで 映画「永遠の0」で撮影に使用された名機?です
ご覧下さいませ
IMG_8977

IMG_8984

P1280600

P1280606

大サービスでエンジンもかけてくださいましたが、忠実に再現されておりもう驚きってしか感想はないですねー
凄すぎ!

こちらは社長が60才になられた時に記念に作られたという SUPER 60!
二つのトランペットを同時に吹くメカ!っす
荒城の月を演奏してくださいまして心が洗われた私達でございました
P1280632

さて、やっとここからが本番ですよ!
いよいよ太郎が例の自転車「乗れない自転車?乗りにくい自転車」に挑戦です
先ずは軽くのってみせるピンク太郎
P1280608

P1280612

これを見てスポーツマンの血が騒がれたのか 馬場社長さんが大喜びされて一気に太郎とアスリート同士意気投合!
太郎も馬場社長さんが大好きになったようで、最後は身体についての相談をしてました、馬場社長さんから ある年代調子が悪くなることがあるけど諦めずに自分を追い込んで付けばそれを乗り越えることが出来るから!っとアドバイスを受けて感激の涙を流すピンク太郎
固い握手を交わす
この2人に熱いアスリートの友情が芽生えた瞬間でした
馬場さんの経験から語らえるスポーツマンとしての情熱に共感し自信を取り戻した?! ピンク太郎でした。良い光景でした

もちろん馬場社長、BMXの自転車にも興味津々の子供のような目で見ておられましたので次の作品にBMXが生かされるのかもしれませんねー

IMG_8990

IMG_8992

P1280614

P1280615

熱いハード同士の交流が終わった後は、いよいよ例の自転車に太郎が挑戦です
馬場社長曰く、競輪の選手とかは最初は乗り切らんかったけどちょっと練習したら乗れたとのこと
太郎の前にディレクターさんが挑戦

P1280611

P1280616

写真のとおりこの自転車キャスタ角がマイナスなので直進安定性がなくハンドルが切れ込んで滅茶苦茶乗りにくいんです
この自転車も面白いっておもって作製されてたそうですが、馬場社長作ってしまうと興味がなくなるそうでしばらくほってあったとのこと
さて、太郎は乗ることが出来たのか???
BMXライダーって本当に凄いのか???
っで放送されるはずだったんですが、宮崎で車が歩道を走ってしまった事件の報道で放送枠が短縮されてしまったそうで、馬場ボディー自体は紹介されたそうですが太郎の部分はカット! 残念です。。。
太郎がこの自転車に乗ることができたのかどうかは 想像にお任せします
IMG_8998

IMG_8999

太郎の部分がカットされてとても残念ですが、この馬場ボディーさん下手なテーマーパークよりも断然楽しいって思いました
まだ見てない部分でもきっと物凄いお宝やメカがどっさいあると思うんですよねー
僕も馬場社長とお知り合いになれて色々お話も出来きてそれも楽しかったです
大好きになりました
また何かでご一緒したい馬場社長さんでした。いやー楽しかったし感動したー

P1280626

P1280629

最後に「エッフェル塔に登ってよかですか?」ってお願いしたらよかよーて
登らせて頂きました。
感想は絶景かなー佐賀平野、ほんなごて起伏がなーい、真っ平らー。凄さー
久留米方面も、有明海も雲仙方面までみわたせて幸せでしたー
12106994_1610100642564560_4837242391549477795_n

12139962_1610100619231229_375395276583546658_o

P1280617

P1280619

P1280620

P1280621

P1280622

馬場さんは時々登ってコーヒータイムをされるとのこと
よかにゃー

IMG_9011

P1280634

ピンク太郎…高所恐怖症なので下で小さくなっておりましたとさ
ひーたれとー
P1280623

P1280624

最後の最後に一言
この馬場ボディさん工場内とっても綺麗でとても自動車関連の工場とは思えないほどでした
仕事が出来る!
そうおもった僕と太郎でした

P1280631

おまけに一言
実は馬場社長に一番僕が聴いてみたかったことがあります。
それは社名のことですが…
馬場ボディーさんですが、レッカー車や社用車、工場の看板などには「馬場ボデー」って書いてあり
事務所の入口の立て看板や名刺には「馬場ボディー」と書いてあります。
聴いてみました
馬場ボディーが正式ばってんが佐賀弁では馬場ボデーやろもん!って

最後まで凄さー

佐賀ラブな馬場社長さんでした。

楽しすぎた!
馬場ボデーはワンダーランドでした
テレビ朝日さん、佐賀県広報課さん有難うございました!

テレビ朝日羽鳥慎一のモーニングショー番組ホームページはこちらからどうぞ

Leave a comment