Tag: コンテスト’

闘将杯 BMXストリートコンテスト レポート

 - by Skip

2016年 12月11日(日)に佐賀県武雄市白岩運動公園スケートボート場 にて佐賀県内では初の開催となります BMX ストリートのコンテスト”佐賀のRUNプレゼンツ 闘将杯 BMXストリートコンテスト”を開催することが出来ました。
初のストリート競技のコンテストということで参加頂いたライダーの皆さん、そして応援、協賛頂きました皆様、企業様のご協力無しでは成し遂げられなかったものと思います。

さて、実際に開催できたのは12月11日でありましたが、本来は9月18日に開催を予定しておりました。
ところが台風が襲来、延期日が12月4日でありましたがこちらも雨に見舞われ 二度の延期を経てやっとのことで12月11日に行うことが出来ました。
イベント当日は雲一つ無い真っ青な青空に恵まれました。
闘将杯は先ずは自転車にのって楽しむということを主眼に置いて開催しました。
クラスは二つ
大人部門とキッズ部門です。
この二つにクラスに分かれてそれぞれトーナメント方式で競技を勧めて行きました。
なかには戦いに敗れて涙を流す負けず嫌いの子供たちの姿や負けても全力を尽くす子供達の満足げな姿もありました。
そして大人クラスでは、そんな子供達の見本となるような素晴らし技を披露するライダーに参加者、観戦者から大歓声が巻き起こっていました。

また、競技の途中には 大人部門のライダーが子供達にアドバイスするスクールも開催。
未来をになう子供達は必死にアドバイスを聞いて技に挑んでくれていました。

最後は決勝に残ったライダーが優勝をかけて自分のもてる技の全てを出し切って競技を終えることが出来ました。

表彰台ではライダーみんなの笑顔が溢れオリジナル闘将杯Tシャツを誇らしげに着た参加者の姿がありました。
その中にはチャンピオンTシャツを着た優勝者の姿ももちろんありました。

今回、二度の延期に見舞われた事もあり参加者は子供が約20名、大人が15名程と参加者が少なめでしたが、たくさんの保護者、父兄の皆さんや、なかには親子で参加しているライダーの姿もあり、このスポーツが幅広く愛されている事を実感することが出来ました。
初の開催となりましたが2017年以降も九州BMX協会として毎年継続して開催して行きますので今後もご協力、ご支援を宜しくお願いします。
次回からは全国各地から参加者を集めること、またお客様に見て楽しんで頂けるイベントにして行こうと思っております。もちろん参加者の技術の向上、佐賀から世界で戦えるライダーを作りあげることも目標としております。
初めの一歩となる今回の大会でありましたが、とても有意義であったと考えております。この経験を元に2017年度は比較にならないほど飛躍したいと計画しております。¥また地元佐賀県、そして武雄市の観光、スポーツ振興にもつながるイベントにして行く所存です。
皆様のご協力、ご支援に心より感謝しております。

BMXストリートコンテスト「闘将杯」12月4日(日)開催決定!

 - by Skip

*9月18日開催予定が台風で延期となった分の開催となります!

九州BMX協会内 佐賀のRUN実行委員会主催の
ストリートコンテストです

会場は武雄市白岩公園のスケートボード場です

キッズクラスも開催

*闘将とは競輪界のレジェンド佐々木昭彦さん(当協会の名誉顧問)のことで、佐々木昭彦さんの地元武雄市で開催と言うことでお名前をお借りしました。なお闘将!はこのコンテストに協賛いただきます。

日時: 2016年12月4日(日)
雨天の場合は 12月11日(日)に延期されます。

タイムスケジュール
9:00〜10:00 エントリー受付
10:00〜10:30 開会式
10:30〜11:30 キッズクラス
12:00〜14:00 ストリート予選
14:30〜16:00 ストリート決勝
16:15〜17:00 閉会式

エントリーフィー
2000円、 キッズ 1000円

https://www.facebook.com/events/333890623648837/プリント

Love Jam 2016 レポート

 - by Skip

久し振りのブログは 10月9日に 北九州の平尾台で開催されたLove Jam 2016のレポートです
Love Jamは福岡県行橋のローカルメンバーの尽力で毎年定期的に開催されているフラットランドコンテスト
ことしも素晴らしい会場で開催されました。
会場まではディギットのある佐賀から二時間以上かかります
遠いんですがやっぱり色んなローカルが集まってワイワイガヤがやるのは滅茶苦茶楽しいんです
この日も広島、鳥取、山口の本州勢、そして九州各県からライダーが集まって 日頃のトリックを競い合いました

ロークラスでは 御年50を越える行橋のレジェンドライダー 鶴田ひろし(さん)が優勝!
ミドルクラスでは 佐賀の18才、スティッチキョウヤが優勝!
ハイクラスでは 広島のタカ堂々の優勝!
残念ながら三位に甘んじた チームディギットの 藤井成一くん。。。。
新技格好良かったです
そして チームディギットの御大 河童ちゃんも素敵なライディング
いくつになっても妖怪は可愛い
そんな河童を愛おしく思うチームディギットマネージャーの私です

地元佐賀勢でいつもMCでがんばっているMC乾物くん
予選トップだったのに決勝では後輩のスティッチキョウヤに優勝を持って行かれ….がんばれ乾物くん!
成一の兄、佐賀のパイオニアライダー藤井誠二も最近は遠征でコンテストに参加したり、佐賀勢ほんなごてがんばってます。
彼らはフラットアークにも挑戦しますのでみなさん注目していてくださいね。

そしてLove Jamのスタッフの皆さんお疲れ様でした
楽しませてくれてありがとう!

img_7179

img_7184

img_7189

img_7202

img_7204

img_7205

img_7206

img_7208

img_7212

img_7219

img_7221

img_7223

img_7225

img_7230

img_7235

佐賀のRUNプレゼンツ 闘将杯 BMXストリートコンテスト 9月18日開催

 - by Skip

プリント

九州BMX協会内 佐賀のRUN実行委員会主催の
ストリートコンテストです

会場は武雄市白岩公園のスケートボード場です

キッズクラスも開催

*闘将とは競輪界のレジェンド佐々木昭彦さん(当協会の名誉顧問)のことで、佐々木昭彦さんの地元武雄市で開催と言うことでお名前をお借りしました。なお闘将!はこのコンテストに協賛いただきます。

日時: 2016年9月18日(日)
タイムスケジュール
9:00〜10:00 エントリー受付
10:00〜10:30 開会式
10:30〜11:30 キッズクラス
12:00〜14:00 ストリート予選
14:30〜16:00 ストリート決勝
16:15〜17:00 閉会式

エントリーフィー
2000円、 キッズ 1000円

会場

img_6451

2016 佐賀のRUN 7月17日開催 のお知らせ

 - by Skip

13389289_878583562253309_702163921_o

今年も 7月17日(日)(三連休の中日)に 佐賀市呉服元町の656広場で 今年で六回目の開催となる
佐賀のRUN bmxフリースタイル世界選手権を開催します

佐賀のRUNの開催内容はほぼ例年通りで
フラットランド 3クラス
バニーホップコンテスト
を開催します
今年も凄い賞品がお待ちしてます

そして今年は前日 7月16日(土)に 前夜祭も開催!
*前夜祭は何と!佐賀市のお祭り「佐賀銀天夜市」とコラボレーション
BMXライダー勝ち抜きトーナメントバトルを開催します!
時間は午後5時、6時くらいからとなります
それまでに来られるライダーの皆さん是非参加して下さい
詳細はまだ未定ですが、勝敗はお客さんの拍手などで決定したいと思います
沢山の市民が応援に来てくれる予定なので「佐賀でナンバーワンライダーに!」なってください

*佐賀のRUNの翌日 7月18日(月・海の日)には フリージャムを開催
佐賀のRUNが開催された同じ会場で 自由にみんなでのって遊びましょう

*遠方から来られるライダーで宿泊などされる場合はご相談下さい
格安でホテルを用意可能です

連絡はスキップまで

ではおって詳細をお知らせします

みんなの参加をお待ちしています

佐賀のRUN 実行委員長 Skip

九州BMX協会 主催 明太子カップ レポート

 - by Skip

5月14日
九州BMX協会 主催のバイクイベント、第1回メンタイコカップに役員の一人として参加してまいりました
はじめておとずれた福岡県築上町にある椎田アグリパーク
スケートボート場や芝生の公園、ステージなどもある海沿いの公園でとても素適な場所でした

IMG_3525

IMG_3527

IMG_3529

IMG_3531

僕の仕事は MC 。
午前中は9時半からランバイクのレース
午後からはフリースタイルBMXのコンテストで喋って喋って喋りまくりました。

13165825_955650607881540_837664021745339_n

13239083_955650547881546_4760900385647857781_n

このイベント子供から大人まで自由に肩肘張らず楽しめるイベントであったと思います
IMG_3523

またこれを開催したことで九州BMX協会としてさらに役員も絆がと理解が深まって九州のBMX振興発展の為に邁進していける気がしました
また、熊本大分の震災の後という事で開催の可否も喧々がくがく検討いたしましたが、九州は元気ですし、開催することでさらにココから元気を被災地に届けますという気持ちで一致団結出来たと思っております
もっともっと素適で楽しいイベント、BMXの魅力を伝えられる企画をこれからも頑張ってまいります

参加して頂きました皆さん本当に有難うございました

IMG_3533

IMG_3535

IMG_3539

5月14日は 九州BMX協会主催のコンテスト、明太子カップで 九州を元気に!

 - by Skip

めんたいこカップ 第一回フライヤーSmall

5月14日(土曜日)は九州BMX協会主催のコンテスト、明太子カップで 九州を元気に!
熊本、大分の地震で痛んだからこそ九州の皆さん頑張って明太子カップで元気を届けよう。

開催場所は福岡県築上郡築上町大字湊1289 椎田アグリパーク
午前中はランバイクレースを開催。
午後はキッズクラス(HIGH & LOW)・大人クラス( ビギナー & STREET & FLATLAND)にクラス別けをし、技術を競うコンテストを行います。

会場はスケートパークなのでストリートライダーのみなさん、そしてフラットランドライダーの皆さんも、ビギナーもプロもぜひ参加して九州の元気をアピールしましょう

詳細は
明太子カップのFacebookページからどうぞ

または DIG-IT BMXのスキップへお問い合わせください
skip@dig-it1192.com 0952-44-3210

めんたいこカップ-会場写真

【佐賀のRUN 2015】 コンテストの詳細お知らせ

 - by Skip

2015_PCol600

いよいよ 7月19日(日)は 佐賀市呉服元町の656広場で 五回目となる BMXフリースタイルコンテスト「佐賀のRUN」が開催されます。
今年も佐賀県、佐賀市、佐賀観光協会はじめ行政、団体、メディア様から後援を頂きましたのでより地域密着イベントとして楽しみましょう!

大会の詳細は以下の通りとなります。

大会名 「佐賀のRUN 2015 BMXフリースタイル 世界選手権」
開催日 2014年7月19日(日曜日)9:00スタート 19:00終了予定
開催場所 佐賀県佐賀市呉服元町656広場(屋根付きのステージ付きイベント広場)

1.目的 「佐賀地元密着のイベントでBMX愛好家の皆さんに佐賀を思いっきり楽しんでもらい佐賀のファンになってもらう事」
「佐賀の皆さんに世界レベルのBMX競技の素晴らしさその目で目撃、体験して楽しんで頂く」
2.概要
   →主催 九州BMX協会
   →主管 佐賀のRUN 2015実行委員会
   →後援 佐賀県、佐賀県スポーツコミッション、佐賀市、佐賀市観光協会、佐賀商工会議所、ユマニテさが、佐賀新聞社、西日本新聞社、NHK佐賀放送局、サガテレビ、エフエム佐賀、NBCラジオ佐賀、ぶんぶんテレビ、たけお競輪、肥前浜宿水とまちなみの会、 日本磁器誕生・有田焼創業400年事業実行委員会、えびすFM
→協賛 春秋航空日本、佐賀県酪農代表者会、佐賀米マーケティング協議会、JAグループ佐賀肥育牛部会、”さが”農産物ブランド確立対策推進協議会、ジェイエイビバレッジ佐賀、ぎょうざ屋、THE SAGAN、一休軒呉服元町店、Ken’s Dining、株式会社 村岡屋 、竹下製菓株式会社、アロマテラピーサロン VISS、株式会社 香蘭社、乾物くん(有限会社 玉喜)、合資会社 光武酒造場、株式会社 友桝飲料、ヘアーステーション貴、studio blueprint、BAR AROMA、
フラワーショップ花チャン屋、ナナじゅういちクク、神風プロダクション、ハム・ソーセージ工房イブスキ 、
DECADE FUKUOKA、Hoods Crew、Cycle Stable、HTB、FUN RIDE、224bmx、FREE、印刷のAdtack、
DELIRIUM DISTRIBUTION、DECO BMX、ジック・ジャパン、ZEN DISTRIBUTION モトクロスインターナショナル、SAL Protection、NYB-JAPAN、 2×4 PRODUCTS、S&M Bikes、DIG-IT BMX

   →大会当日のスケジュール 午前9時〜 午後7時半まで開催予定
3.大会レギュレーション
   →参加資格 誰でも参加可能
   →カテゴリ フラットランド(初心者、中級者、プロフェッショナル)
ストリート・ボックスジャム
バニーホップ ジャンプコンテスト
全5競技
→審査基準(審査委員)
   →表彰 競技終了後に上位表彰致します。
   →商品 佐賀県の物産と自転車関連パーツなどをお渡しします。
4.エントリー料 50O円(1人)
5.参加定員 110人

観覧は無料です。観覧席も出来るだけ用意致します。

*当日のスケジュールはこちらをご覧下さい・
2015佐賀のrunスケジュール

*大会会場の周辺図です
2015佐賀のRUN会場周辺図

*会場の周りの案内図です。
2015佐賀のRUN会場周辺地図

ぜひ皆さんお誘いあわせのうえ 佐賀のRUNを体験にお越し下さい。

【コンテストレポート】LOVE JAM 2014

 - by Skip

福岡県行橋のBMXコンテスト Love Jamも復活開催から今年で三年目。

うちから行橋まで車で二時間ちょっとかかりますが、ちっとも苦にならないんです。それは道中の風景や風情がいいからなんです。丁度良いドライブコース。
平野から山道を越えて到着すると周防灘広がる海の風景。潮の香りをいいんです。

会場はそんな海岸沿いの作られた行橋総合公園。
朝しっかり寝坊してしまって開始からもう一時間ほど過ぎてました。

141123bmx-lovejam - 05

141123bmx-lovejam - 07

141123bmx-lovejam - 09

141123bmx-lovejam - 16

会場についたら当たり前ですがライダーが沢山!
福岡、佐賀、大分、宮崎の九州ライダーはもちろん、広島、山口からライダーが多数来てました。
それから神戸に引っ越しした大分ライダーのユキちゃんも里帰り。
相変わらず素適でしした、ライディングも女子が苦手としている流し系のトリックを見せてくれて凄かった。神戸のライディング環境いいんでしょうね。
広島のタカやMIYAFUJIくんは間違いなく凄い!
行橋で彼らのライディングを見られるのは最高でした。
さらに山口ライダー。ナオッペ以外のライダーはほぼ初見でしたが山口は隠れライダーの宝庫ですね。要注目です。

141123bmx-lovejam - 19

141123bmx-lovejam - 24

141123bmx-lovejam - 25

141123bmx-lovejam - 26

141123bmx-lovejam - 32

141123bmx-lovejam - 39

141123bmx-lovejam - 40

141123bmx-lovejam - 45

141123bmx-lovejam - 49

この大会があるからなのか地元行橋ライダーのスキルが物凄く上がっているのも驚きました。ロークラス優勝した鶴田ゆうたくんも行橋、ミドルクラス優勝した鶴田誠くんがこの大会の主催者です。
主催社で優勝とか格好良すぎますね。

141123bmx-lovejam - 59

ロークラスでは佐賀ライダーのマッスルが二位に!
ついに結果がでて嬉しそうな彼でした。

141123bmx-lovejam - 61

ストリートライダーのエントリーしているのがこのイベント良いところ。
大分の高校生ストリートライダー、タイチ巧すぎる!メガネが格好良すぎる。
141123bmx-lovejam - 65

オープンクラス、宮崎から家族連れで来ていたニッシー。完璧とも思える出来映えで見事決勝進出は凄かった。
優勝は坂田精二!
いくめんライダー坂田精二はリラックスした雰囲気でスピンでは目が回る何て言いながらもしっかり決めて久し振りの優勝です。

141123bmx-lovejam - 69

141123bmx-lovejam - 70

大会終了後もみんなで遊びまくって1日遊んだラブジャムでした。
また来年。

ありがとー

141123bmx-lovejam - 78

【レポート】佐賀のRUN 2014

 - by Skip

140720saganorun-jk - 032

☆想い出 7月19日 2014年
翌日の迫った佐賀のRUNに向けての最後の準備の日でした。
ディギットに集まった実行員のみんなで先ずはラーメン。
そして協賛品他を準備しました。
この準備は6人で五時間近くもかかりました。
それだけ沢山の協賛品を頂いたという事で改めて大感謝。
なんとか、協賛頂いたみなさん、後援頂いた皆さんに協力して良かったと思っていたけるイベントにしようとスタッフ一同気持ちを一つにすることが出来る準備時間でした。
協賛品受け取りの最後は第二回目から熱い応援を頂いている村岡屋さん。
千代田店に伺って素適に包装して頂いた賞品を受け取りました。
店内にはポスターも貼って頂いてここでも頭が下がりました。
有難うございます。

その後続々と岡山、宇都宮、東京、兵庫などからライダーがディギットにも立ち寄ってくれました。ただし、店内は仕分け準備で商品をご覧になれる環境でなくてごめんなさいって感じでしたが。

午後9時半からは会場の準備、飾り付け、テント設営、清掃を行いました。
直ぐ近くの スポンサー一休軒さんにのぼりをおかりに行って、色々してると第一回からのスポンサーさん佐賀の ぎょうざ屋さんが 協賛品を会場に届けてくださいました。毎回ぎょうざ屋さんにはお食事券を提供頂いてますが今年もオリジナルのデザインのぎょうざ券!頂きました。 凄く手をかけて頂いて大感謝です。
打ち上げ会場でもありスポンサーの サガン鳥栖オフィッシャルバー THE SAGANのスタッフの皆さんも様子を見に来てくださってました。
打ち上げも楽しみです。

結局設営準備が終わったのは12時前。
しかも準備には宇都宮から来てくれたライダー、東京や福岡のライダーも加勢してくれました。
みんなに支えらえて佐賀のRUNあります。

そして次の日、本番へ続く

140719saganorun - 18

☆7月20日(日)大会当日
今回こそは役員の集合時間に遅刻せずに会場に到着。去年は遅刻してやんやか言われたんです。
びっくりしました。まだまだ受付まで時間があるというのにもう沢山のライダーが!!! うれしい〜
140720saganorun-ts - 0017

140720saganorun-ts - 0019

早速テントを配置したり受付の準備などを手際よくしてスタッフ会議。
そして受け付け開始となりました。
受付の順番を待ってくれる長蛇の列を見たら泣きそうでした。今年もここまでたどり着いたんだって。
だけど、ちょっと待って!
またこれから始まるんじゃ無いか。終わってから感激しようと思い直します。
心配した天気も大丈夫の様だし今年もみんなで絶対楽しい大会にするぞっと言う事恒例の開会式。
もちろん選手宣誓はいつものように九州の重鎮、石井ロボくんとピンク太郎。今年もたいそうご立派な選手宣誓を頂きました。

そしていよいよ競技開始です。
140720saganorun-ts - 0039

各競技のレポート
「丸ぼうろクラス」
丸ぼうろクラスはフラットランドの入門クラスで参加者は30名でした。
このクラスには小学生が五人。女性が四人参加。優勝したのは兵庫県から来てくれた小学生ミナトくん。子供の枠を越えたスーパーキッズでした。実は彼、他のイベントでも大人を負かせて優勝する強者なのです。ベスト10 には地元佐賀の高校生、大学生も入賞しました。
宇都宮から親子四人で参加された東さんも一家四人で大会出場!
大会前日には佐賀市内で協賛頂いておるお店さんにも行かれたそうです。有り難いことです。

140720saganorun-ts - 0063

140720saganorun-ts - 0100

140720saganorun-ts - 0113

140720saganorun-ts - 0115

140720saganorun-ts - 0125

140720saganorun-ts - 0141

140720saganorun-ts - 0189

「ブラックモンブラン クラス」
ブラックモンブラン クラスはフラットランドの中級クラスです。
こちらも参加者は30名。
神戸から地元九州に凱旋した元大分ローカルのユキちゃん、見事予選を勝ち抜いて十名からなる決勝でも8位に入賞しました。他に関西、広島、岡山、関東、名古屋などからも参加者があり優勝は長崎から毎年参加してくれいるガジロウこと佐藤昇でした。ガジロウは毎年表彰台には上っているものの今回遂に悲願の初優勝!おめでとーガジロウ!

それから佐賀のオオゴショさんが予選を通過しました。びっくりした。

140720saganorun-ts - 0357

140720saganorun-ts - 0368

140720saganorun-ts - 0385

140720saganorun-ts - 0395

140720saganorun-ts - 0427

140720saganorun-ts - 0445

140720saganorun - 16

「さが錦クラス」
フラットランドのプロ、上級者クラスです。参加者は16名。
さすがに世界ランカーや元全日本チャンピオンなども参加しておるので超絶技巧な技のオンパレード。
優勝は愛知県からきたエノヤンでした。彼はこの大会初挑戦初優勝。エノヤンとはもう十五年を越える長い付き合いだけど、これだけハイレベルでミスをせず全部決めてくる彼を初めて見た気がします。改めて彼の凄さに脱帽しました。凄すぎです。
準優勝には2年連続で地元佐賀のプロライダー藤井成一が輝き佐賀県のレベル高さを証明してくれました。成一次は優勝しかない!
そして、三位になった初代チャンピオン河村卓馬もKOGチャンピオンになった2005年をおもいおこさせる絶好調ぶり特に準決勝でのライディングは正に「神様」でした。僕も嬉しかった〜。実は本人もびっくりしたそうです。
そして並み居る強敵をなぎ倒して決勝に進んだ岡山のユウジの完成度の高さにも驚かされました。凄いな。

それから、モリッチ! 凄すぎ!もう彼が佐賀のrunに来てくれてそれだけでも嬉しいのに、トリック滅茶苦茶格好良かった。痺れました。
谷川もわざわざこの大会に出るために九州に帰ってきてくれて有難う! 神戸に行ってますます進化しているタニッチですが、遊び心と洒落をわすれてないのが九州人らしくて嬉しいです。彼にも感謝の気持ち一杯です。神戸でもっと凄くなれ!タニッチ!
今回リアライダー凄かったんですが、卓馬、モリッチ、そして広島のタカ!こんな豪華な共演滅多にみれません。そして三人ともスタイルが違うのがまた凄い。
大分の石井ロボくん。石井君にはいつも感謝の気持ちで一杯なんです、いつも来てくれてそして誰よりも観客を楽しませてくれるんです。大好きです。
河童、太郎も今回好調で準決勝進出したのも嬉しかった〜。
佐賀のrunこゆいメンバーでお送りしておりますね。

140720saganorun-ts - 1130

140720saganorun-ts - 1140

140720saganorun-ts - 1167

140720saganorun-ts - 1196

140720saganorun-ts - 1198

140720saganorun-ts - 1201

140720saganorun-ts - 1216

140720saganorun-ts - 1255

140720saganorun-ts - 1344

140720saganorun-ts - 1381

「ストリートボックス クラス」
ストリートボックスクラスは会場の真ん中に箱状の障害物を置きそれを飛び越えたり、のったりしながら技を競い合うジャンプ系競技でがこちらも九州・中国地方の有名選手が参加してくださり熱戦が繰り広げられました。
観客の方も高いジャンプや迫力あるアクションに大興奮で拍手を送って下さいました。
優勝したのは長崎県佐世保市から参加の野口くん。 野口くん上手すぎ。
大分の太一、イナバ軍団のザッキーみんな凄かった。結局30分の予定が盛り上がりすぎて一時間になってしまった、ボックスジャムでした。

140720saganorun-ts - 0767

140720saganorun-ts - 0775

140720saganorun-ts - 0780

140720saganorun-ts - 0784

「バニーホップクラス」
こちらは単純明快、自転車による走り高跳び競技。
バーを落とさずに出来るだけ高く飛んだ方が勝ち。
優勝したのは現在全日本チャンピオンの福岡出身のマツケンで102cmを記録しました。
二位は佐賀の高校一年生、土井康平。95cmを飛びました。特筆すべきは土井くんは去年の大会では70cmしか飛べなかったのにこの1年で記録を25cmも上げたことです。本人もびっくりの成長ぶりでした。

140720saganorun-ts - 1023

140720saganorun-ts - 1035

140720saganorun-ts - 1043

140720saganorun-ts - 1044

四回目の開催となった今年も参加者が106名と2年連続で百名を突破し九州最大のBMXイベントに成長したものと自負しております。
参加者は関東、愛知、三重、関西、岡山、広島、山口、四国そして九州全県から愛好家達が集まってくれました。
参加者の年齢は下は7歳から上は50才、女性も5名参加があり幅広い層に楽しんで頂けたようです。
途中当然のゲリラ豪雨に見舞われたりとハプニングもありましたが素晴らし会場のおかげで何の問題もなく運営が可能でした。

140720saganorun - 11

140720saganorun-ts - 0156

140720saganorun-ts - 0848

140720saganorun-jk - 157

☆総括
毎年進化するこのイベントですが今年から 佐賀県、佐賀市、佐賀市観光協会、佐賀商工会議所、サガテレビ、エフエム佐賀、佐賀スポーツコミッション様他に後援頂きそのプライドを胸に今年開催しました。佐賀の公認イベントとしてもっと全国に知られるようさらに努力いたします。

佐賀のRunは佐賀以外では絶対に開催出来ないイベントです。
全国から佐賀に来て頂いて佐賀を思いっきり楽しんで頂くことをコンセプトにしております。
開会式も競技中も表彰式、閉会式まで皆さん笑顔です。特に表彰式では結果を称えられるだけではなく、他では絶対受け取れない佐賀の特産物を手にすることもでき大変盛り上がります。その為に佐賀の多くの皆さん、企業様などのご協力頂いておりますし、佐賀県や特産品を知って頂いてファンになって頂きたいのです
この様に、すべてを地元佐賀にこだわった運営が「何だか佐賀の大会は滅茶苦茶面白らしい」と噂を呼び全国からライダーがやって来てくれます。今まで来たこともない佐賀県に!

佐賀のRUNは佐賀という場所を強烈にアピールする他にない地域密着のBMXコンテストとして独創的で日本一楽しいイベントに育てて行きたいと思っておりますのでぜひ来年遊びに来てくださいね。

140720saganorun-ts - 1391

☆表彰式の模様
丸ぼうろクラス
140720saganorun-ts - 1418

ブラックモンブランクラス
140720saganorun-ts - 1444

バニーホップクラス
140720saganorun-ts - 1453

ボックスジャム
140720saganorun-ts - 1463

さが錦クラス
140720saganorun-ts - 1493

HOODS CREW賞
140720saganorun-ts - 1456

HTB賞
140720saganorun-ts - 1458

STABLE賞
140720saganorun-ts - 1459
140720saganorun-ts - 1460

FUN RIDE賞
140720saganorun-ts - 1496
140720saganorun-ts - 1498

☆大会終了後はTHE SAGANで打ち上げです!
比較的静かに始まった打ち上げでしたが、近日公開になるBACO VISION最新作の予告編を放映。
そして真打ち、名物の「男爵」がおこしになり、女子に囲まれておりました。
宇都宮から来た男性は帰りたくないと泣いたり、楽しまれたようでございました。
お店の方にとてもよくして頂いてこちらも楽しくて感謝一杯の打ち上げでした。
140720saganorun - 24

140720saganorun - 25

140720saganorun - 29

140720saganorun - 33

140720saganorun - 34

140720saganorun - 39

140720saganorun - 42

140720saganorun - 44

140720saganorun - 45

140720saganorun - 46

140720saganorun - 50

そのあとは 。。。。。

また来年。

九州BMX協会 佐賀のRUN 2014 実行委員会 委員長 Skip

*佐賀のRUNは次の日も乗れるんです!
こんな感じで翌日は朝から練習会です。
140721saganorun - 7

140721saganorun - 8

お腹が減ったら会場裏のスポンサーさん「ぎょうざ屋」さんへ!
初めて佐賀餃子を食べた、餃子の街宇都宮からきたSJC三号とぎょうざ屋の加藤さん。
140721saganorun - 3

モリッチと!
140721saganorun - 2

忙しかったけど楽しかった。

本当に皆さん有難うございました。