Tag: メディア’

【 ラジオ】としごんインタビュー編

 - by Skip

120729saganorun-op - 08

1月6日にラジオ saganBMXで放送したトシゴンのインタビューです。
USTREAMの録画でご覧になれます。

としごんとはもう17-18年位の付き合いです。
TEAM DIG-ITで一番付き合いが古くて何も言わなくても察してくれるようなそんな心許せるライダーです。
ラジオで語り尽くせはしませんが、ラジオでまさかインタビューできるとは感無量でございました。

BMXコーナーは 22分過ぎからです。


Video streaming by Ustream

見てくださいね〜

中尾太三選手 壮行会

 - by Skip

poster

九州にはBMXレーストラックがありません。
でも、九州にも頑張っているBMXレーサー達がおります。
彼らにはまともに練習できる環境もありませんし、プロの走りをみることもほとんどできません。
レースをするには最低でも広島まで遠征しなくてはなりません。
レースと練習を一緒にするような環境なのです。
そんな厳しい環境ですが、福岡市の山間部に個人で土地を借りて狭いとはいえ練習コースを作った方がおられたり、そのコースから今年七月にニュージーランドで開催されるBMX世界選手権に日本代表として選ばれるライダーが生まれたのです。
それがこの記事の主人公、中尾太三さんです。

中尾さんは佐賀県武雄市生まれ在住の33才。小学生2人のお父さんでもあり、子供達2人もレーサーとして大活躍しているBMX一家なんです。
中尾さんがBMXレースを始めたのは、四年ほど前久留米市にあるサイクルファミリーパークのイベントでBMXレーサーの走りを見た、中尾さんの子供達が「お父さん、僕達あれがやりたい。どうしたらできるの?」と興味をもったからです。それまで野球少年だった子供達はBMXレースに夢中になりそれをサポートしてきた中尾さん自身がBMXをするようになったのは三年ほど前なのです。
子供達を通じて始めたBMXレース。中尾さんも去年からレースに出始めていきなり上位に!
もともとスポーツマンで運動神経抜群だったのが幸いしてかどんどん頭角を現して西日本でランキング二位になりキャリア数年で世界選手権の代表資格を手に入れたのです。

代表資格を手にれたとはいえ、日本ではマイナースポーツであるBMXレースですから渡航費や滞在費などは当然自分持ち。五十万ほどのお金と一週間仕事を休む必要があり、世界選手権に出場するにはそんな現実的な高いハードルがあるのです。
中尾さんも相当悩まれておったのですが、自分の為と言うよりも九州の環境をよくするためのアピール、そして子供達に夢をつなぐ為に出場を決意してくださったのです。

みなさん、ご存じかどうかわかりませんが、去年、武雄市がBMXの国際レースが開催出来るコースを作ると新聞などで報道されたのです。
僕自身も、関東から佐賀に来てレースコースがないのには驚きました。
皆さん広島まで行かれている現状は酷すぎるなと思いました。
三年前、菊池哲太朗が遊びに来てくれたとき倉谷太郎の発案で福岡のプライベート練習コース NBC で「菊池哲太朗のBMXレース教室」を開催しました。その時に大人達はもちろんですが子供達に真剣なまなざしや笑顔、哲太朗に対する憧れをこの目で見たときに「九州にレースコースを作りたい」という思いは決定的になりました。
その思いはこの練習場にきておられるライダーみんなの思いと一緒でした。
だけど僕達には政治力もないし、どうしたら良いのか分かりませんでした。
だけど水面下でも出来ることはしようと、いろいろやってみてたのです。
そこで来たのが「武雄にレースコース作製か?」っという新聞報道だったのです。
この記事を見たときは本当に嬉しかったです。コネやお金もない僕等でも行政は動いてくれたって思ったのです。
だが、この話はだんだんしぼんでいっているようでした。
いったい、どうなってしまうんだろう。
市役所の担当の方に話を聞きにいきお願いもしました。

話は縮小傾向の中、力強い協力者も現れました。
武雄競輪場のレジェンド 佐々木昭彦さんや有志の方々、武雄スケーターのリーダー 純平君など、地域の自転車と若者スポーツ、文化を真剣に考えるメンバーが応援団に加わってくださったのです。

「武雄にレースが出来るBMXコースを!」その顔として立ち上がってくれた中尾さん。
本当は自分よりも2人の子供達をBMXのオリンピック選手に育てたい! 子供達もオリンピック選手になりたい! そんな思いを実現するためにもせかっく手にれた代表の座です。
僕達はその思いにどうすればこたえられるのか?
そこで佐々木さんを中心としたメンバーが武雄のホテルで中尾さんの壮行会を開催しようと発案してくださったのです。
僕と、倉谷太郎もメンバーにくわえて頂いて、この会に出来る等だけたくさんの人を呼んで中尾さんへの応援、そしてコース作成へのお願いをしようとミーティングを重ねたのです。

IMG_5221

そして6月30日、武雄センチュリーホテルで「中尾太三選手を世界に送り出す会」を開催できました。
数々の皆さんの努力のおかげで約120名の中尾太三選手サポーターのみなさんがに集まってくださいました。
一体どれだけの人が来てくだあるのか心配していたのですが、120人とは!
130630taizo - 007
さすがにホテルのパーティは違いますね。僕等レベルだと公園とか…..

130630nakao-0054 - 13
受付も大忙しです。

130630nakao-0054 - 17
キッズ達は記念Tシャツの販売に頑張ってくれました。

130630nakao-0054 - 18
本当は挨拶苦手だけど中尾さん頑張ってました。

130630taizo - 018
会場はこの賑わい!

130630nakao-0054 - 22
武雄市副市長の前田寿美様の挨拶

130630nakao-0054 - 23
聴いてるBMXメンバー

130630nakao-0054 - 24
佐賀県会議員 石丸博 様から激励の挨拶

130630nakao-0054 - 25
武雄市議会議員 牟田勝浩 様からの祝辞です。

その他、佐賀県議会議長の 稲富正敏様から乾杯の挨拶、佐賀県 文化・スポーツ部 スポーツ課 副課長の 福地弘寿 様から激励の挨拶、競輪選手会 佐賀支部長の原司 様から激励金の贈呈もあって豪華絢爛。
僕もこんな凄い人達と同じ会場におれることにびっくりするやら緊張するやらでした。
一番凄いと思ったのは、皆さん話が滅茶苦茶上手だったことです。話すのが商売だから当たり前ではと思われるかもしれませんが、長々と話をされることなく丁度良い尺でポイントを突いた楽しい話をされることに素直に凄いっておもいました。見習いたい…..たぶん無理だけど。

130630nakao-0054 - 26
ピンクの貴公子とBMXプロレーサーの三輪郁佳ちゃん。

130630nakao-0054 - 27
佐賀ライダーの神埼誠先生と大橋画伯も中尾さんの応援!

130630taizo - 028
僕等のリーダー、闘将佐々木昭彦さんと実は昭彦さんのファンでもある佐賀のBMXシーンの写真を撮ってくださっているカメラマンのとしあみんさん。お二人ともお世話になっておりまする。

130630taizo - 042
記念Tシャツのアピールをする 昭彦さんと武雄のスケーターのリーダー純平君。

130630taizo - 046
応援挨拶をするNBCリーダーで自身 世界選手権のクルーザークラスに代表ととして出場する福岡の鶴田さんとTシャツをデザインしてくださった福岡のBMXライダーでデザイナーの山本さん。

そのあと、お待ちかね MCカケラ、ピンクの貴公子と佐賀のお祭り男によるBMXショータイム開始です!
130630taizo - 057
ピンク太郎決めまくります。笑いもしっかりとります。

130630taizo - 061
佐賀のお祭り男 藤井成一も凄い技を決めまくって場内盛り上がりました。

ショーの最後にはキッズレーサー達もジャンプで登場!
そしてここでサプライズ!
子供達が中尾さんに作文を披露
130630taizo - 092
お父さんはいつもカッコイイ。お父さんは僕達にあこがれで大好きって子供達。
いいな〜、僕も言われたいぞ。きっと一生いわれることは無いけど。
130630taizo - 097
この作文を聴いて涙ぐむ中尾太三選手。いや、お父さん。

130630taizo - 098
見事な涙目です。

そして次もサプライズ。
130630taizo - 101
中尾ファミリーが大好きな 菊池哲太朗、菊池雄、生方朗と三瓶将廣 選手からビデオレター。
凄いです。

130630taizo - 102
ほんで、挨拶が苦手な人の挨拶があったり

130630taizo - 121
三輪郁佳ちゃん立派な挨拶もあって

130630taizo - 123
これもサプライズで中尾さんの奥様の挨拶! 照れてました。

130630taizo - 127
中尾太三選手から感謝の挨拶です。

130630taizo - 131
聞き入るオオゴショさん

130630taizo - 134
感涙する中尾選手

そして最後は 武雄市議会議員の上田雄一 様による万歳でしたが、上田様の発案で頑張ろう三唱に。
130630taizo - 147
中尾選手のご一家が壇上にあがって頑張ろう!
楽しかった〜

頑張ろう三唱有難うございました。

130630nakao-0054 - 47
中尾太三応援隊で記念撮影。

130630taizo - 152
BMXメンバーで!

130630taizo - 157
ファミリーで!

皆さんのおかげで凄いパーティーが開催出来て、人の力って凄いなって実感しました。ジャンルを超えた人のつながり。
中尾さんを応援しようというその思いだけでこんな素晴らし壮行会ができて感動しました。

頑張れ!中尾太三 選手!
頑張れ! 鶴田聖二 選手!

皆さん本当に有難うございます。
武雄を自転車スポーツの街に!

閉会後にやっぱり遊ぶこのお方。
130630nakao-0054 - 46

Facebook

 - by Skip

DIG-ITがFACEBOOKをやっているのはご存じですか?
今までも DIG-IT BMXのFACE BOOKが存在してましたがそれにプラスして僕の盟友ペニピーが「 DIG-IT 新聞社」のページを立ち上げてくれました。
DIG-IT新聞社とはDIG-ITが1994-2004年まで作製していたBMXマガジン「DIG-IT’ZINE」の発行元出版社として使っていた名前です。
新しく立ち上げたこのサイトでは過去の映像や記事の他に新しいネタも加えて楽しんでいきたいと思っておりますので是非ご覧下さい。
それぞれ以下のリンクからご覧になれますのでチェックされてくださいね!

DIG-IT 新聞社のFACEBOOKページ
DIG-IT BMXのFACEBOOKページ

塾ビジョン!

 - by Skip

はるか昔、倉谷太郎塾長がオリジナルビデオを作っておりました。
ブランド名は「塾ビジョン」。
過去に作品は全四作!
1作目は「太郎塾裏ビデオ -RIDE TO RIDE-」
2作目は 「太郎塾 FILM 2」
3作目は「JYUKU VISION 3」
4作目は「JYUKU VISION 4」
特に一作品目は出来が良く、某有名プロライダーのHくん(別名R..Aちゃん)が僅か五分でみるのを止めたという問題作でした。

そして今は21世紀まっただ中、今の世にもこれをみたいというマニアな方がちらほらと….。
これに気をよくした太郎塾長。ついにDVD化を決断。過去の遺産で小遣い稼ぎ….という訳では全く無く! 良い物は語り継いで行かなくてはという使命感に燃えて全四作品をDVD二枚にデジタル化いたしました。
そんな訳で、この太郎塾ビジョンDVDボックス セット 近日発売予定です。
詳細が決定しましたらまたお知らせいたします。
カムサハムニダ。

—————————————–
そしてまた、今回のDVD化に気をよくした塾長、十数年ぶりに作製意欲がむらむらと沸いて来ちゃいました。
そんな訳で デモビデオを作ってしまったようです。

*こちらラブビデオ!

もしかしたら新作の発売もあるKAMOですよ!

太郎塾ビジョン!復活か?

お楽しみに〜。

2011 玉川学園前駅商店街祭り

 - by Skip

毎年、小田急線玉川学園前駅南口商店街様のお祭りでTEAM DIG-ITのBMX ショーをさせて頂いております。
今年は8月6日に行われたBMXショーは今回で四回目、今年は河村卓馬、石嶋泰也のフラット組みとディギット飛行隊の菊池ブロス、生方朗のライダー5人とMCにチェキをお迎えして素晴らしいショーとなったようです。

そして本日写真をAkabane Visonさま、動画をKazukabe Vision Filmさまから提供頂きましたので掲載します。

こちらは動画です。

来年は久しぶりに見に来たいです。

モア・佐賀のRUN 2011 ありがとうFM佐賀

 - by Skip

まだまだ続く佐賀のRUN 2011 のネタ。
何と今日放送されたFM佐賀の「MY DEAR 神埼」で大会の模様が放送されました。
僕のインタビューとマルボウロ・クラスで優勝した地元佐賀ローカルの神埼誠先生のインタビューもあるんです!
本当に有り難いです!
佐賀のRUNの話題は番組開始後10分経過頃から約十分間です。
しかし、僕はこんなことはなしていたんだなーと改めて知りました。実は当日はいっぱいいっぱいでインタビューされたことは覚えているんですが内容は全く覚えていなかったんですよ。情けない!



Video streaming by Ustream

*そしてまた大会の模様も動画で放送後にUstreamで流して頂きました!感謝!



Video streaming by Ustream

さらにさらに、FM佐賀さんのブログにも!こちらも動画もございます!
ブログはこちらからご覧下さい!

感謝!感謝!感謝!

まだまだ引っ張るよ!佐賀のRUN!

 - by Skip

さて今日はいろいろと、大会後の諸々を….

さて大会、終了後は佐賀市内の居酒屋にて有志?! で飲み方を開催。
あれやこれやのめんどくさいメンバーで腹が痛くなるほど笑いました。
しかし、しかしです、実は大会の主催メンバーはイヤと言うほどばてており中には顔が土色になる奴もでてきてお開きとなりました。んが!ここで問題なのは宿無しのアニキとイッシーの神奈川コンビ。こいつ等をどうするのか?とう難題です。実際僕の車にはゴミが満載のうえにチームライダーの卓馬が家に宿泊していたので卓馬も乗って帰ると言う事で、どう考えててもイッシーとアニキにプラス彼らの自転車を乗せて家に帰るのは不可能!泊めてあげたいのはやまやまですが不可能!
っというわけでここは佐賀のリーダー藤井家にお願いしました。(押しつけたという説も浮上)
藤井家とはいっても藤井成一は大会運営でばてばてでいつの間にか姿を消しており、さらに藤井家末っ子のユウくんも失踪。遊び相手になりそうなMC乾物くんも初大会MCにエネルギーはエンプティーに達しており、本人曰く「飲み方の最後の方は目立たないようにしていた。存在を消しておりました」という感じで気がつくと逃げておったのです。
では、めんどくさい神奈川二人組みを最後まで世話したのは、藤井家長男、誠二くんでした。誠二くんはこの後、馬鹿2人を行きつけのバーに連れていってさいこうにほとめき(接待)したようです。ありがとう!誠二くん!
そして彼らにご飯を恵んだ藤井家のお母さん、いつもライダーがお世話かけてます。ありがとうございます。この場を借りて感謝の気持ちを伝えます。

さて僕と卓馬のというと、彼らと別れてゴミのかぐわしい臭いを車内に充満させたマイカーで卓馬と僕は家に戻りました。
家に戻ってソファーに座ると気を失っておりました。
はっと、気がつくと卓馬も気絶してました。

翌朝、もちろんディギットは通常営業ですが、朝僕は起きれませんでした。卓馬はさすがに一流社会人です。しっかり7時半には目をさましておったようです。偉い!さすが神様。
お昼まで仕事して卓馬を観光にお連れしようという計画を立ててました。
お昼はこれまた佐賀の名物「唐津バーガー」を頂きました。
するとテクノ南海の会長さんから電話です。
これからよりますと。
観光に出掛ける時間が先送りになりました。
待っていたらさらに電話です。
イッシーから電話。「今、ディギットに向かってます!」。
はい、観光消滅です。
神奈川馬鹿2人組、到着するなり「シャワー浴びさせて下さい!」
アニキは昨日輪行バックを紛失したんですよと言ってました。
すると、藤井誠二くん登場。
彼の手にはアニキの輪行バッグがありました。なんでも藤井家の玄関先に落ちていたとのこと。
迷惑かけまくります。アニキ!
南海の会長さんもお見えになり狭いディギット店内は大賑わい。
ただ一人南海のハブを使っていないアニキだけは地味にしてましたが….

南海の会長さんはわざわざ大会を見学に大阪からお越し下さいました。いつも本当に有り難いです。
その気持ちを込めて、これから湯布院に向かわれるという会長さんご夫妻(奥さんもお連れで来て頂いていたんです!)のレンタカーを全員横一列、で礼の姿勢でお見送りしました。ありがとうございました!

シャワーの浴びてさっぱりしたら腹が減ったという神奈川馬鹿2人組。彼らも唐津バーガーが食べたいというので本日二度目の唐津バーガーやさんへ。また来たの?ってお店のおばちゃんに言われてしまいました。

これでお腹も満たしたし、まだ神奈川バカ2人組みが帰る時間までほんの少し時間がありそうなのでバーガーやさんから有明海を見に行こうと言ったら3人とも(卓馬もかてて)大賛成。
向かっていたら途中で卓馬が「そういえば藤井成一がディギットに来るって言ってたよ。」。
じゃ戻らなくちゃ。
観光は完全消滅。途中からディギットに引き返しました。


*スキップ農園を散策する三人。

イッシー達は佐賀駅から博多に向かうと言ってたのでぎりぎりまで藤井成一を待ってましたが来ません。
時間は迫るし仕方がないから無理矢理家の乗用車に馬鹿2人のBMXを乗せて佐賀駅まで送っていきました。

送っている途中でイッシーが成一に電話をしたら、あいつ全く来る気も無かったそうです。おかげで観光が書滅したのに…
駅までの途中で突然の集中豪雨! 神奈川馬鹿2人ラッキーです。自走で駅までいったらずぶ濡れ間違いなしだったのです。
しかし、この異常な大雨はやっぱり雨を呼ぶあの人!そう数々の大会を途中中止に追い込んだあの人!
イッシーのせいに違いない。そう思いながら駅で馬鹿2人を名残惜しそうな振りをしながら送ってやりました。
佐賀駅の階段に消えていく2人をみたら。。。。気分爽快! なんて本当は色々連れて行きたかった。
と言う事にしておこう。

大雨は続いて今度は卓馬を佐賀空港まで送っていきました。
イッシーの怨念がこもる凄い大雨でした。
卓馬を見送って …..1人車で帰る道すがら凄く寂しい気持ちがこみ上げてきました。
改めて来てくれたライダーの最大の感謝の気持ちを送ります。ありがとう!

そして今回、多くのライダーが自身のブログにブロギング(太郎のぱくり)してくれているので紹介します。
他では見られない写真の数々、すんばらしいコメントの数々をごらんになれますよ。
チェックされてみて下さいね。
以下にリンクを張ってあります。
谷川慶介BLOG (超絶技巧九州プロライダー)
HOODS CREW BLOG (大会スポンサー 様様)
佐野団長ブログ (佐賀のRUN 大会音響リーダー)
ゆういちろうブログ(副塾長)
まこちゃんブログ (ブラックモンブラン・クラス二位入賞
ピンク太郎タロッキーブログ(塾長・大会チェアマン)


*神埼誠と記念撮影。


*これまた神埼誠先生と彼女!


*広島ライダーと記念撮影! ジケくん、メルヘンそして河童ありがとう!


*記念撮影。こゆい!


*TEAM DIG-ITの記念撮影! ケイジはどうした?!


*旭と!九州のみんなは旭を見たがっていたので来てくれて本当に有り難かったです。ZAIビデオも買いましょう!

次はまたスクールをするのでまた宜しく。

ありがとう!みんな〜!
近日動画掲載します。
SKIP

佐賀のRUN 2011 、ありがとう!

 - by Skip

無事、大会を終えることが出来ました。
ホッとしました。
僕は自分で何かやるというのは本当は苦手です。誰かの作ったもの、楽なもんに乗っかっていくのがいい〜なーんて思って生きてきましたが、やるときはやらんばですね。
そして佐賀のRUN 2011やってみて、自分一人じゃ何も出来ない(よく聞くコメントでしょ!だけど本当にそうです)って改めに分かりました。僕が出来ないところ、もっろすごいところで今回のスタッフのみんなが動いてくれて、考えてくれて実現できました。大会が終わった後、太郎やMC乾物くん、藤井成一の顔見たらあんなに放心状態の彼ら見たことない!って思いました。無理させていてごめんね、って。

今回の佐賀のRUN、フラットランドクラス三部門で45人のエントリ。バニーホップコンテストに11人のエントリーがあったので合計56人のエントリーでした。ありがとう!
KOGプロの谷川がブログに書いてくれたようにこのコンテストはビギナークラス(ブラックモンブランクラス)や中級クラス(丸ぼうろくらす)がとっても盛り上がりました。
このクラスに出てくれるみんなが笑顔で乗ってくれていたのが素敵でした。
ブラックモンブランで印象に残ったライダーは..
HOODS CREWのボス、やすお。昔やったいたフラット技を繰り出して優勝しやがりました。褒めるの恥ずかしいけどヤスオBMX上手い!っす。びっくり。特に絡みゴケは天下一品!

そして、最近太郎と練習してぐんぐん上手くなっている39才パパのマコさん。手抜きのないライディングで辛うじて息子のコウタくんより上にいけました。面目躍如。
その息子のコウタくん!人気では間違いなく本日ナンバーワン! このまま育ったら世界チャンピオンになれるぞ!その時は僕にマネージャーさせてね。頼むばい。
プップが名付けたタゴサク。顔に似合わず技は都会派。
カズヤも最近は太郎とまぶって腕を上げてました。もしかしたらニュー太郎塾メンバーなのか?! マコさんとコウタくんもか?!
地元神埼ローカルのサムライ岡木さんとノナカくんも信じられない位腕あげてました。こういうのを見れるのもいいですね。
そして大分のユキちゃんは全てが素敵!美人でキュート、技のキレもとてもスマート。
神奈川から来てくれたアニキ!来てくれてありがとう!素敵な衣装ありがとう!ところで家に脱ぎたてのビキニパンツ忘れてるよ!連絡してね。。困るから。。。。

マルボウロクラスの気になるライダーは….
オオクワガタを提供してくれたオオゴショ。絶対BMXライダーにみえないそのスジ物ルックスに優しいハート。ギャップが凄い。しかも最近妙に上手くなってる。オオゴショは初めて彼を見たライダーに強烈な印象を与えたようでございます。

MC乾物くん。いつもはショーのMCとして大活躍の彼ですが今回は初の大会MCとしてキャパをオーバーする頑張りようでした。そのうえチャリも乗って。ありがとう乾物くん!佐賀海苔をスポンサーしてくれてありがとう!
筑後のナベさん、良い動きしてました。一本決めてればかなり上に来れた感じです。
タモリ、新婚パワーでリアの切り返し技ぐいぐい決めて格好良かった。
そして最近は滅多にみられないMCカケラこと堺のライディング。スキルは高し。
愛媛げんさんのタンクトップニスト、サトシも一本メークしたら入賞だったです。だけどそんなサトシがいい!
ストリートでぶいぶい言わせてる福岡のストリートライダー、マツケン。反則のベンチを使ってのトリックだけどフリースタイル、何でもあり。それにさすがはトップストリートライダーらしく自転車を操るスキルは半端じゃない!格好良かった!
藤井家長男の誠二くん。実はフラット乗っているのを初めて見たけど、凄い上手い。なんだか身のこなしが凄く綺麗でライディングに花かやさがでてました。驚いた。
藤井家末っ子のユウくん、藤井家のBMX-DNAは強烈です。次世代の佐賀ライダーはユウくんが引っ張っていくでしょう。
優勝は、その二輪トリックに新体操をコラボした鹿倒立男、神埼誠先生こと佐藤誠でした。初めて彼のライディングを見た人も多くて強烈なインパクトを与えたようです。神埼市民としてお祝いを申し上げます。おめでとう!

自転車ハイジャンプバニーホップコンテストでは岡村旭や河村卓馬、藤井成一も頑張ったけど予想通り、HOODS CREWのケイジとマツケンの一騎打ち。優勝はマツケンで軽く一メートル越え! ケイジは95センチの記録で二位でした。一メートル凄い!びっくりしました。

最後は最高峰クラス、さが錦クラスです。
大会は3グループに分かれて上位二名が決勝進出という方式でおこないました。んが、審査はお客さんの声援の大きさで決めるということにしてその判断は何と僕がするという胃が痛くなるような方式です。
プロライダーには失礼かもしれませんが、KOGと違ってこの大会では佐賀の皆さん(観客の皆さんも含めて)ライダーのみんながこのライダーがよかったと、佐賀では一番素敵だったとおもうライダーを選んでもらうことにしました。やはりプロライダーは観客に人気が無くてはいけませんよね。というへりくつです。

そして見事決勝に残ったのは….河童、ROBO、河村卓馬、石嶋のっぽん泰也、谷川慶介、岡村旭の六人です。

決勝戦では河童の玄人好みのド渋ライディング、ROBOの魅せきるライディング、卓馬の神の領域ライディング、ノッポンのスケール感あるライディング、谷川の新時代ライディング、旭のこれがオリジナルだ!ライディングが火花を散らしました。そしてまた決勝の順位の決め方というのは自分がいいと思うライダーの後に並ぶというライダーにとっては地獄の様な人気第一の選択方法!
優勝は……佐賀のRUN2011で一番人気者だったのは河村卓馬でした。二位にROBOくん。三位、谷川という結果でした。
ライダー目線で採点した順位とは違うかと思いますが、ここは佐賀のRUNということでご容赦くださいね。

そして表彰式。真面目に挨拶かましました。。。。んが! これまた歌唱を疲労するハメに。
何してるんだろう僕は。と自己嫌悪に落ち込みかけましたが直ぐに復活。

賞品は沢山いただいたので本当にみんな嬉しそうでした。そして各クラス上位のライダーには太郎手作りのクリスタルの楯! スキップ作製の表彰状、そして乾物くん提供の高級佐賀海苔、佐賀の名物お菓子、北島のマルボウロと村岡屋のさが錦が手渡されました。

大会が終わったのは大幅にずれ込んで午後六時半を回っておりました。

会場は午後九時まで借りておったので電気が消えるまでみんなでぐだぐだしてそれも楽しかったです。

とにもかくにも、先ずは参加してくれたライダーのみんなに感謝。ありがとう以外に言葉がないのかと思うけど「ありがとう」。実は僕BMXよりもBMXライダーが大好きなんですよ。
遠く、関東から来てくれたアニキ、イッシー(またイッシーの大会に来るぞ!)、卓馬、ノッポン(ノッポンに至っては新婚旅行をかねて来てくれました。)ありがとう!
無理やり来てくれた岡村旭ありがとう!旭は駒沢の大会に来てる頃から全く変わらない。それが凄いし旭のファンだよ。旭目当てにたくさんのライダーが佐賀に来てくれて嬉しかった。
会場を快く貸してくださった、ユマニテさがの伊豆さん。うるさかったと思いますが何も言わず大会を見守って頂いた呉服元町の商店街の皆さん、付近住民の皆さん。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
当日は雨の心配もあって雨にならなくてよかったですが、荒天時はアーケードを提供してくださるとおっしゃってくださった佐賀市白山商店会の皆様ありがとうございます。

大会のたくさんの賞品、そしてなにより励ましの気持ちを送って下さったスポンサー様ありがとうございます!
ジック・ジャパン

・テクノ南海
*会長さん自ら大会の応援に大阪から駆けつけて頂きました!感激です!

モトクロスインターナショナル
乾物くん(佐賀海苔)
S&M BIKES
QUAMEN BIKES
CYCLE STABLE (プップのお店です!)
HOODS CREW
・オオゴショ (オオクワガタを提供)

また、初めてで実績もないBMXの大会にもかかわらず告知、取材して下さった、佐賀のぎょうざ屋さん佐賀新聞社西日本情報社(タウン情報さが)、株式会社 ムービータイムNHK佐賀放送局ぶんぶんテレビサガテレビ、FM佐賀NBCラジオ佐賀の皆さんありがとうございます!

佐賀で初めて開催出来て幸せです。
そして何より沢山の皆さんに見て頂けたこと、笑顔がたくさんあったことが一番嬉しい。

お世話になりました。ありがとう!

スタッフみんなお疲れ様でした。ありがとう!

*なおこの大会の写真はこちらでご覧になれます。
ビデオは編集後ネットの掲載します。

今頃、ノッポンは屋久島だろうか…..お幸せに!

そういえば太郎がダブルディケードをメークしたらしい。。。。見逃した!残念!

告知! 佐賀のぶんぶんテレビにて

 - by Skip

今日は、佐賀のケーブルテレビ局「ぶんぶんテレビ」で佐賀のRun 2011 の告知に行って来ました。

大体、この前出たラジオの感じで適当にやればいいやと鷹をくくっていたら、テレビ局に着いてから太郎が「スキップさん練習せんでいいんですか?」何〜んていうので慌てて練習する始末です。
それで結局一緒に告知してくれた女性陣二人と太郎に合いの手を入れてもらう事にしました。

と、その前に太郎のライディングを局のロビーで撮影しました。
太郎、必死のライディングです!

そして、午後5時38分いよいよ生告知本番です。
果たして出来映えは…..?????
ま、むごかったけど頑張りました。

終わって解放された気分です。

もしこの放送をみられた方は貴重です。




その後は、太郎と女性陣二人のリクエストで佐賀県小城市三日月町の名物店「ドライブイン一平」にカツカレーを食しに行きました。
いきがって大盛りを頼んだ太郎とともこの驚きの顔をご覧下さい。


*ともこはこれを食べ切れたのか?


*太郎は帰りのお店の人に食べきれませんでした!っと謝っておりました。

そんな訳で佐賀のRUN 2011 みんなでライダーの皆さんをお待ちしております!