Tag: 大会’

九州まん祭 Team DIG-IT BMX SHOW

 - by Skip



佐賀県鳥栖市にあるJ1サガントスのホームスタジアム、ベストアメニティースタジアムであのビッグクラブ 浦和レッズとサガン鳥栖が戦った11月24日、スタジアムには22000人を越える観客がスタジアムを訪れました。
それに合わせてスタジアム前の広場で、九州まん祭といお祭りが開かれました。
その九州まん祭の実行委員でも有りBMXライダーでもある金子さんからショーの依頼を頂いて気合いを入れてショーを行ってきました。

もうごぞんじのとおり僕はサガントスの熱烈サポーターなので試合に併せてBMXのショーをするのは夢でもありました。
その夢が叶った九州まん祭でのBMXショー。
沢山のお客さんで大変盛り上がりました。

試合もサガントスが勝ってうれしさ倍増でした。

また読んで頂きたいですね。
サポーター仲間からもBMX始めて見たけど凄いね!っと言われ鼻高々の僕でした。

九州まん祭の役員の方々有難うございます。

武雄のGet Funk Cupに行って来たバイ。

 - by Skip

武雄のスケーター、純平君が主催するスケートとBMXストリートの大会ゲットファンクカップ! に初めて行って来ました。
今年は協賛もさせて頂いてこりゃストリートライダー大挙出場か?!って思われたけどあの「ペルージャカップ」と まるかぶり。
ということでリアルなローカルライダーを中心に、佐世保HTBクルーの野口君がライダーつれてきてくれて合計で15人位のライダーが来てくれました。

どうやら念願叶って武雄に国際レースが出来る規模のBMXレースコースが出来そうだというニュースはこのブログでもしたと思うんですが、もっともっとBMXを武雄でアピールしたいということもあり、ゲットファンクにぎにぎしく開催されました。
会場の武雄白岩運動公園には普段から駐車場の一部にスケート場が設置されていますが、今回は広めの駐車場に機材を運んで大会にプラスして 動物愛護ボランティアの里親捜しやフリーマーケットなども開催されました。

佐賀県武雄市は今全国的に勢いのある街として知られておるのです。
武雄の市長さんはとっても実行力のある方で、今だと図書館の管理をTSUTAYAに委託したり、新しい市民病身も民間に委託してそれに付随して医療系の学校も作り学生を集めたり武雄市のホームページをFacebookにしてしまったり、ツイッターを活用したり、学校に全部冷房を完備させたり、猪被害が問題になっていると聞くとそれを逆手に取り猪の肉を加工して販売するシステムを考える部署をつくったりと行動がとっても速いんです。そんな街だから佐賀県でも若者が街を出て行くことが少ないみたいです。
やっぱり若者がいいって思える街が明日に繋がるんだと僕も思います。
こんな街だからBMXコースも実現が近いんだと信じてます。


*オープンスペースで遊ぶライダー達

早速会場に着くと人が一杯!
たくさんの皆さんが来られてました。
大会自体はとっても緩いかんじでローカル色満載。
とはいえ佐賀のライダー達にも来てくれるようにいってはおったのですが、このシーズン全国的に運動会シーズンとあって佐賀のフラットライダーで来てくれたのはおおごしょさんだけ! これは寂しいっす。
本音を言えばもっと来てくれておいたいBMXライダーって存在感出して欲しかったにゃ〜。
ま、そのぶんおおごしょさんに頑張って頂きました。

さて僕はBMXのMCがおらんからと二度としないと誓っていたMCをしなくてはならなくなったのです。
どうやら純平君はおおごしょにMCを頼んだらしくそれを僕にフルという事態です。
仕方が無いので頑張ってきました。DJ Skip!

そしてBMXストリート予選スタートです。クラス分けはなくオープンで行われました。
結構みんな頑張って無茶してくれて素敵な技もあり素敵なコケもあり、中にはランプの裏側に消えるという(大昔OPJと言う方がツインリンク茂木で行われた大会でこの「消える」という大技をメイクしそれ以来「イリュージョン」という名前で知られておるのです)荒技「イリュージョン」をメイクするやつも!
この大技はその後のスケーターの大会でもスケーターがパクってやっておりました。素晴らしかですね。
午後からは決勝が行われてこれまたワイワイなかんじでバトルが繰り広げられました。


*武雄のパークで練習してる クーピー、ジャッジをしてくれました。


*武雄といえばこのBMX親子です。中尾さん一家はBMXレース一家なんです。息子達速いんです。そしてお父さんは怪我しがちです。あはっはは。武雄にコースが出来たらこの子達大変な事になるかもです。楽しみですね〜


*佐賀のトランシー3と野口君


*大分のタイチ。伸び盛りの高校生です。


*これもタイチ。


*HTBボスの野口君、ジャッジを務めてくれました。野口君は知る人ぞ知るローカルライダーで滅茶苦茶巧いんです。隠れた名品といって過言ではない!


*佐賀の中学生ライダー、トランシー3。イリュージョンをメイク。


*中尾キッズ兄! 伸び盛りの小学生です。

最後にはバニーホップコンテスト、賞金5000円!
障害物はスケート。

最近ストリートの大会というと常設のパークで行われることが多いですが数年ぶりにこういったオープンスペースでのライディングを見て、本当に興奮しました。
これを街中でやれたらすごいんじゃないかと思いました。夢は歩行者天国にセクションおいて乗ったら凄いだろうなって。
ダートも歩行者天国に土入れてそこで飛べたら物凄いことになるんじゃないかと夢見る僕です。

今回初めてスケートとの共催大会にお邪魔してスケートの面白さも実感しました。
こういう凄いイベントを実行している純平君は凄いです。しかも彼は武雄のパークの代表もしているのですからね。
もっともっと彼ともタッグを組んでいけたらなっと思っています。

長崎、佐賀、福岡、大分、宮崎、熊本から来てくれたライダーのみなさんありがとう!

このイベントの写真はこちらからもご覧になれますよ。


*おまけ! 武雄にあるラーメン屋。来久軒。滅茶苦茶美味しいです。大好きです。

GET FUNK CUP -TAKEO STAKEBOARD AND BMX CONTEST

 - by Skip

2012年9月23日(日)
佐賀県武雄の白岩公園で開催されるスケードボードとBMXストリートのコンテストです。
参加費は ¥1500、キッズ・ガールズ・初心者は¥1000です。

受付時間はAM9:00-9:30
スタートはAM10:00からになります。
☆プログラム
・SKATE予選 ジャム方式 決勝 1トライ 賞金¥10000
・BMX予選 ジャム方式 決勝 1トライ 賞金¥10000/
・キッズ・ガールズ・初心者 SKATE & BMX ジャム方式
・オーリー & バニーホップ 各賞金 5000円
★初心者・子供スケートボード教室(無料) PM14:00より一時間
★音楽ライブ、DJ、ライブイベント

動物愛護ボランティア、フリーマーケット、原発の自然と人への影響パネル展などもあります。

BMXストリートライダーこぞって参加下さい!

場所は白岩公園の駐車場内特設会場です。

*このコンテストの主催は武雄スケートボード愛好会の 橋本純平さんです。

*雨天時は10月7日に順延


大きな地図で見る

プチ LOVE JAM BMX IN 行橋

 - by Skip

福岡県東部の街 行橋のライダー達が開催していた幻のイベント LOVE JAMが 彼らの子供世代に復活!
というわけで 行橋ライダー 鶴田さんの 息子、鶴田誠くんが復活させたLOVE JAMは プチLOVE JAMという名前で今日開催されました。
広島、山口、福岡、佐賀、大分からライダーが約30人!
灼熱の太陽の下 熱く暑く開催です。

お昼はおいしいBBQを頂きながら幸せな時間を過ごしました。

何にも考えずにずーっみんなでわいわいBMXにのって楽しむ。
それがどんなに幸せで素敵なのか それを改めて分かった プチLOVE JAMでした。
こーいうのがいいんだよな!ローカル最高です。

行橋ライダーの皆さん素敵なおもてなし有難うございます。
美味しいBBQありがとう!

おまけに僕はオオゴショとのドライブは笑いっぱなしでした。
あは!

感謝!佐賀の RUN 2012

 - by Skip

去る2012年 7月29日(日)に佐賀市呉服元町 656広場で全国規模(九州では最大)となる BMXコンテスト「佐賀のRUN 2012」を おかげさまで終えることが出来ました。
去年から始めたこのイベントですが、東京でも福岡でもなく佐賀で全国に誇れるイベントをやりたいという僕と、佐賀にたくさんライダーが集まってくれたら幸せですねと言う佐賀のローカルライダー達の気持ちが一つになってそれに福岡の太郎や大分の石井ロボクン、長崎ライダー達も協力してくれて初めて開催する事が出来ました。
それもこれも佐賀には大会会場である656広場という素晴らし場所を快く提供頂けるという佐賀ライダーが築いてきた佐賀の人達への信頼関係があるからです。

佐賀の皆さんにこの大会を楽しんでいただいてBMXいいね。面白いね!と言っていただきたい。
そしてライダーには佐賀に来て思いっきり乗って楽しんで笑顔になって欲しい。
それがこの大会の2つのポリシーなんです。

初回から競技のレベルに応じたクラス分けの中で、せっかく佐賀に来てくれるのだから佐賀にこだわった事をたくさんしていこうと考え 入門クラスを「まるぼうろ・クラス」、中級クラスを「ブラックモンブラン・クラス、そしてプロクラスを「さが錦クラス」と佐賀のお菓子をネーミングしました。小さな事なんですがこれが大変好評で佐賀に興味を持って頂けたようです。
ならば今年はと、賞品も本物のさが錦、ブラックモンブラン、マルボウロ、佐賀海苔、佐賀のぎょうざ等々を提供できたらさらに面白いし地域から愛されるイベントに近づくのではと思い、思い切って佐賀の企業様にも協力をお願いしたところ快く協賛してくださいました。
地元企業様や地元商店街様に協賛いただいたりポスターを今年はたくさん張って頂いて感謝してもしきれないくらいでした、そしてとても心強かったです。地元密着のイベントに少しはなれたでしょうか。
大会前に付近のお店に挨拶に伺った時にポスターを店頭にはっていて下さったり、長く続けて欲しいからしっかりやってね等々、涙が出そうに感激しました。大会当日には大切な えびす様の上に「イベントの成功をお祈りして恵比寿様の上に貼っておいたよ」とポスターを貼ってくださっていたお店の皆さんです。佐賀の人達は素晴らしいんです。

そして大会の開催、会場設定、設営、運営等々も佐賀のライダー達が一丸となって仕事を振り分けてやってくれました。
二年目なのにここまでまとまってくれる佐賀のライダーと九州のライダー達ありあがとう。

さて、大会の方は全クラス併せて92名という凄い数のエントリーがありました。数は問題ではないけれどやっぱり有り難いです。
フラットランドの入門クラス「まるぼうろ クラス」では8才のスーパーキッズ コウちゃんが優勝したり可愛い女性ライダーのユキちゃんやのりちゃんが大活躍で会場を沸かせてくれました。
中級、ブラックモンブランクラスでは佐賀の名物ライダー、オレンジ師匠こと神埼誠先生のニュールーティン炸裂、長崎の蛾次郎がバチ決め、オオゴショのパンチとサングラスが妖しくひかり、山口のナオッペが優勝とという激戦でした。
プロクラス「さが錦クラス」では島根から来てくれたサタスマのパーフェクトなライディングにみんな驚愕、カッパの渋いライディングに声をあげ、沖縄のモンキーの運動能力に目をぱちくり、三重から来てくれたベッコのリア技に興味津々、太郎の本気のライディングに感動し、石井ロボの魅せるライディングにお客さんの歓声はマックス、地元の藤井成一もお祭り男の異名の通り気合いのライディングを決めてくれました。
他のコンテストと違い、最上級のさが錦クラス決勝では順位を決定するのは、ジャッジではありません。来てくれたライダーと観客の皆さんや通りがかりの皆さん、佐賀の人達が気に入った人が順位を決めるのです。決勝に進んだ5人のライダーの後に人が並んで一番並んでいる人が優勝です!佐賀のコンテストですから佐賀で人気がとれれば一番で良いんです!
そして栄えある優勝は….もう誰がみても玄人がみても素人がみても凄かったのは大分の谷川慶介。誰もまねできないミラクルトリックでホワイトマンモスのニックネームがつくほどすばらしいライディングでした。おめでとうございます。世界一です!

単純明快。誰が一番高く飛べるのかを競ったバニーホップクラスも盛り上がりました。特に90センチを越えた三人のバトルは最高でした。

今年から新しく始めたストリート・ボックスジャム。これはボックスをレンタルどころかわざわざ運んで設置までしてくれたHOODS CREWのみんなに感謝です。こんな街のど真ん中で自転車が空を飛んだり回ったりするなんて素敵でした。やって良かったです。もっともっとボックスジャムもライダーの楽しんで頂けるようにがんばります。マツケン、野口君、くーピー、ケイジ、子供達も格好良かったです。

予想を上回る参加を頂いたという言い訳ですが、最大の反省点は時間が押してしまったことです。
早く帰らないといけない方もおられたと思うので申し訳ない気持ちです。
来年はもっと考えて時間の使い方を改善したいと思います。

都会では練習する場所さえ苦労する競技がここ佐賀では656広場という素晴らし会場を快く提供して頂ける素晴らしい環境にあります。佐賀ではBMXを楽しむことができると言う事を若者達に広めていきたいと希望を持っております。
佐賀県が全国で一番BMXが盛んな県になり、世界チャンピオンになるような選手が登場することも夢ではありません。

今回のコンテストには関東、東海、関西、中国地方、四国、沖縄をはじめ九州各県からものべ92名の参加者がありました。
そして有り難いことにメディアの皆様にも多数取り上げて頂きました。
何より嬉しかったのは観客として来られた方が多かったことです。
会場周辺のみなさんにも「良いイベントだね」「凄かね〜」「活気があってよかね〜」などと総じて好評だったようです。
主催者としては予想を遙かに上回る参加者があった事でスケジュールが押してしまったこと他、自分たちでは気がつかない失敗や御迷惑をお掛けした事態も有ると思います。そこをまた次への課題として、引き続き若者や、佐賀の皆さんがもっと楽しんで頂けるように成長させ、長く続けていける愛されるイベントになりたいとおもっております。

BMXはマイナーなスポーツではありますが、だからこそ無限の可能性も秘めていると思います。全国から佐賀に自転車の乗りに来てくれる、そして佐賀に興味を持っていいところだと思って頂ければ最高に幸せです。

佐賀のRUNは楽しい!っというハートを大切にするイベントです。

僕達、佐賀ライダーも出来るだけ色んなイベントに行ってみようと思います。

今後もよろしくお願いします。
感謝。

佐賀のRUN BMXフリースタイルコンテスト実行委員長
SKIP

*名古屋から自走で来てくれた白石君ありがとう!ラジオ出演もね!

*近日ビデオも掲載します。お楽しみに。

佐賀のRUN 2012 詳細です。

 - by Skip

いよいよ今週末日曜日は 佐賀のRUN 2012 です。
役員一同準備万端で楽しんで頂けるように全力尽くします。

協賛各社様のご厚意で賞品も盛りだくさんです。
外れ無し!
自転車のパーツはもとより、アイスクリームの引換券! 佐賀の高級銘菓! 佐賀海苔! アロマ! 佐賀のソウルフード ぎょうざ屋さんのお食事券、Tシャツ他のアパレル等々、他であり得ない豪華さで皆様をお待ちしております。
大会の最新情報はこちらでチェック

大会のスケジュールは以下の通りです。

時間 イベント
9:00-10:00 エントリー・受付 (自由練習)
10:00-10:20 開会式
10:20-10:30 マルボウロ・クラス(初心者)練習
10:30-11:00 マルボウロ・クラス(初心者)1走目 (一人;90秒)
11:00-11:15 ブラックモンブラン・クラス(中級者)練習
11:15-11:45 ブラックモンブラン・クラス(中級者)1走目(一人:90秒)
11:45-12:15 バニーホップコンテスト!(30分)
12:15-13:00 自由練習(昼休み)
13:00-13:30 マルボウロ・クラス(初心者)2走目 (一人;90秒)
13:30-14:00 ブラックモンブラン・クラス(中級者)2走目(一人:90秒)
14:00-14:30 佐賀錦クラス(プロクラス)予選
14:30-15:00 ストリート・ボックスジャム
15:00-15:30 佐賀錦クラス(プロクラス)決勝
15:30〜16:00 表彰式
16:00 スクール /ファンとの集い(ファンミーティング)

*時間はかなり頻繁に変更になることが予想されますので現地でのアナウンスをお聞き逃し無く!
*また遅れちゃうとか連絡は 090-1806-9564(SKIP)まで!

では、みんなで熱い佐賀の夏をたのしみましょう!

KOG 神戸 行って来ました。

 - by Skip

もう二度と高速バスで遠征はしないと誓ったのに、喉元過ぎれば熱さを忘れるで使ってしまいました高速バス・
KOG神戸に併せて博多から一路神戸を目指しました。
神戸まで八時間、今回は三列独立シートだったので身体は思ったよりも楽だったけど到着が朝の五時半!
大会のエントリー開始が9時!っと三時間半することがない。
それが一番身体にこたえたのでございました。

しかし、KOGを観戦に行くたびに思うことはどんどん顔見知りライダーが減ってきたなって事。
遊んでくれるヤツがおらんごとなってきたな〜と思っていたら、おったおった。
五年ぶりに帰ってきた 酔っ払いダーの藤原君。
そんな、藤原君も知り合いがおらん!と嘆いておられました。
十年くらいスペイン、アメリカで生活していた藤原君を知っているのは、ロカちゃん(原真一郎)、ヒロ、アズマさんやアズマ右峰くらいなもんです。
やっぱり時々は顔を出してないと忘れ去られるのかな〜。

てまあいいや。
それにしてもあずまさんの大会をあくまでも楽しみつつ人を笑顔にして自分の技を見せる姿勢は素晴らしいです。とても18才には見えないな。
自分の魅せたい技をトコトン見せるそんなライダーも多くて今回は結構楽しめました。
特に行きのいいエキスパートライダーも多くてプロクラスより面白かったです。
高橋明彦君にインタビューして彼が自分のスタイルにこだわっていることを聞いて、オリジナリティーの重要さを改めて感じた大会でした。
特に若手のライダーには人と違うスタイルをクリエートして欲しいですね。
そして、彼はキット世界一になる!そう思えるライダーを見つけたい僕です。

神戸に行って良かったです。藤原君とも再会出来たし、ヤンマーも来てたし、カッパも来てくれたし結構遊び相手おったです。

だけど本当に疲れたっす。
帰りはラジオの仕込みがあるので新幹線でしたが、へとへとで帰った僕でした。

高速バス?
そうだな、三列独立シートで早朝到着じゃなかったらまた乗るかな。忘れた頃に。

・KOGプロクラスの決勝ダイジェスト

・KOG エキスパートクラス決勝ダイジェストです

・田中勝志師匠のライディング

・あづまたけお氏 ライディング

・カッパのライディング!

佐賀のRUN 2012 コンテストの概要

 - by Skip

7月29日に開催する「佐賀のRUN 2012」の概要です!

詳細は以下の通りとなります。
日時:2012/7/29(日曜日)9:00-10:00 受付 10:00〜ライディング スタート 16:00頃終了予定 (21時までライディング可能)
場所:佐賀県佐賀市呉服元町656広場(屋根付きのステージ付きイベント広場) 最高の会場です!

開催予定種目
●FLATLAND CONTESTS (クラス分けはそれぞれ佐賀の銘菓の名前です)
・マルボウロ・クラス(初心者)
・ブラックモンブラン・クラス(中級者)
・佐賀錦クラス(プロ・オープン クラス)
*なるべくたくさん乗って楽しんで頂けるように審査方法はマルボウロクラスとブラックモンブランクラスは90秒の2トライ、さが錦クラスは予選決勝方式の予定です。

●Street BOX JAM
BOXを配置しプロ・アマ関係なくみんなでBOXを使ってJAMをしてもらいます。

●BUNNY HOP BATTLE
単純明快。誰が一番高く飛べるかを競います。

スポンサー企業 様(現在時点)敬称略、順不同
佐賀の伝統銘菓 村岡屋
竹下製菓株式会社
SAL PROTECTION
S&M BIKES
QUAMEN BIKES
STABLE
HOODS CREW
乾物くん(玉喜)
ぎょうざ屋
430
モトクロスインターナショナル
JYKK JAPAN
Zen Distribution
FREE
HTB
I PATH JAPAN
SxMxB Airlines
予防医療 アロマテラピーサロン「viss」
デザイン企画印刷カンパニー「アドタック」
えびすFM 89.6MHz

*また佐賀空港等を利用されて佐賀に来られる方はお知らせ下さい。
なるべくお迎えに行きます。

当日はマスコミの取材などもある予定なので宜しくお願いします。

佐賀で思いっきり楽しんでください!


より大きな地図で むつごろう広場 656Plaza を表示

佐賀のRUN 2012 BMX フリースタイルコンテスト

 - by Skip

今年も「佐賀のRUN 2012」開催します!

詳細は以下の通りとなります。
日時:2012/7/29(日曜日)11:00スタート 18:00終了予定
場所:佐賀県佐賀市呉服元町656広場(屋根付きのステージ付きイベント広場)

開催予定種目
●FLATLAND CONTESTS
3クラスに別れてそれぞれコンテストを行います。。

●BOX JAM
BOXを配置しプロ・アマ関係なくみんなでBOXを使ってJAMをしてもらいます。

●BUNNY HOP BATTLE
単純明快。誰が一番高く飛べるかを競います。

スポンサー企業 様(現在時点)敬称略
S&M BIKES
QUAMEN BIKES
STABLE
HOODS CREW
乾物くん(玉喜)
ぎょうざ屋
CAMACURA INDUSTRIES

マスコミの取材などもある予定なので宜しくお願いします。

佐賀で思いっきり楽しんでください!


より大きな地図で むつごろう広場 656Plaza を表示

KOG名古屋にいってきたばい。

 - by Skip

先週末は今年最初のKOG。
名古屋に行ってまいりました。
方法は新幹線をチョイスしました。飛行機は飛行機の待ち時間や検査されるのは嫌なんですよ。
それと、着陸前に必ず耳が痛くなる習性があるのでそれがいや。
そんな訳で寝ていれば着く新幹線。それに駅から街が近いのが良いんですよね。
空港からの移動を考えれば意外と飛行機との差は少ないです。

さて、出発の日佐賀は20度を超えるぽかぽか陽気。
天気予報を見たら名古屋は寒いみたいだけど、ちょっとパーカーでももっていけばしのげるだろうと思い春の装いで出発しました。
佐賀を発ってから四時間半で名古屋駅到着。
新幹線を降りると….寒い、、、、、、滅茶苦茶寒い。とんでもなく寒い。嘘みたいに寒い。
空気が九州とは大違いでした。
駅を歩いている人もダウンを来ている人もちらほら。
先ずは地下鉄でKOG会場の栄のオアシス21に移動。

早速ライダー達に会いました。
驚いたことに出不精で有名な長崎のロドが来ていたこと。
仲間の蛾次郎がKOGに来ることは聞いていたのですがまさが九州の大会も最近は顔を出さないロドが来ているとはびっくりです。
着いたのがもう夕方だったのでレディス&キッズクラスの表彰を見てたら手足がかじかんできたのでみんなに別れを告げて今日の宿に歩いて移動しました。とにかく寒くて大変でした。
帰り際に河村卓馬が今晩一緒にどうですか?と言ってくれたのでどこ行くか決まったら連絡してねと言っておきました。
ホテルはKOG会場から歩いて10分くらいで13階の部屋でした。
テレビ塔も見えて夜景は抜群です。
寒かったので暖房を付けてベッドに横になっていたら案の定。ドリームイン。
卓馬から電話が掛かってきたのに気付かずドリームインです。
どうやら二時間ぐらい寝てしまったようで、お腹も空いたしホテルでもらった世界の山ちゃんの手羽先タダ券を握りしめてホテルから一番近い世界の山ちゃんとやらに初チャレンジ。どうやら本店だったようですが2組み待ちくらいで座れました。
それは良いのですが定食屋みたいなのを予想していたら居酒屋じゃないですか!
酒が飲めない僕が一人居酒屋なんて通常は有り得ません。
だけどこの世界の山ちゃんって食事に来ているカップルも多いみたいで僕の隣もカップルでお酒は飲んでないようでした。
そしてそのカップルの甘い会話を聞いていたら、何だかこのフィーリング懐かしいって思ってこっちが恥ずかしくなってきました。一人居酒屋で居心地が悪い上に隣のカップルの会話でそれが倍増。そんな訳で30分もすわってられなくてただ黙々と食べて帰りのコンビニで朝食を買ってホテルに戻りました。
それに寒くて外歩いてるのが嫌になったのもあります。寒いの苦手です。

別な土地へ来る時の僕の楽しみは散策です。
でも、寒い。それを我慢しながら朝はちょっと早めに起きて名古屋城まで桜見物に行って来ました。
往復で歩いて一時間半、寒かったけど桜が8分咲き位でとても綺麗でした。

ホテルに戻ってまたシャワーを浴びてから、会場に出発。
今回のKOGはやや参加者が少なくてそれはそれでちょっと時間的に余裕が感じられて良かったです。
いつもより一人一人のライディングをじっくり見れたし個性を探る時間が持てました。
ビギナークラスでは自称17才のプリティーあずまさんのライディングは見逃せません。
今回も奇跡のように笑えるライディングを見せてくれておりました。
そんなあずまさん、ついにレオパレス21というアパートをゲットされて多少豊かな生活を取り戻されたそうです。何しろ二年あまりもネットカフェで暮らしていたという頑張りやさんですから、幸せもやってこないと嘘ですよね。
新しい職とアパートゲットおめでとうございます。
これではれて後は嫁を取るだけですね。

エキスパートクラスも前日の一次予選をおこなっておりそれに残った20人が8人の決勝枠を目指してライディング。
このクラス常連の上原くんや元プロの田辺やすしくん等の混じってロドが決勝進出。
あいつファッションセンスは最悪で鼻毛も出てるけどライディングは頑張るようです。結構立派に見えてしまいました。錯覚でしょうか?
そういえば、今年の1月〜3月まで愛知に滞在して地元のライダーのみなさんにご愛顧頂いた佐賀ライダーの神埼誠先生が名古屋の地でも結構人気になっており、パンツまでオレンジで驚いたよ。等と声をかけて頂きました。
エノヤンやあずまさんもそうですが新出プロ、それに変態仲間の田中勝志師匠には大変お世話になったようでありがとうございました。この場をお借りして感謝の言葉を申し上げます。
っと、そんな神埼誠先生がリスペクトしたという愛知の変態ライダー田中勝志師匠のライディングも相変わらずオリジナルでした。1分半の演技時間を優に超える2分半以上にわたるロングコンボはオリジナルの凄さを見せつけるライディングございました。凄いアイデアとスキルです。
あと、今、長野県松本氏にお住まいの渡辺英一郎くん。彼のライディングもミスがなくて相変わらずの変態チックな動きと展開で衰えないテクニックを感じさせてました。プロの戻る日も近いですよ。これは。
もう1人僕が大好きなライダー、京都のハングアウトさんサポートのリョウくん。彼はフラットライダーだけどフリースタイルライダー。左駆動でカセットハブ使用なので「じ〜」っというラチェット音をさせながらするフラットランドはオリジナルです。誰とも違う。高い跳躍力と並外れた集中力で大技を決めていく彼のライディングが僕は大好きです。だって見ていて単純に楽しい。爽快!すげ〜。分かりやすくBMXトリックの凄さを見せてくれるりょうくんはスーパーです。

お昼前くらいの時間になったらだんだんお日様が背中に当たってきて若干暖かくなりました。
でも手をずっとポケットの外に出しておくのはやっぱり辛いそんな名古屋。

そしていよいよメインイベント、プロクラスです。
今回は2分半のライディングで予選をおこない、10人が決勝進出。
決勝も2分半のライディングで順位を決めるという最近おこなわれてなかった方式でした。
ただ、個人的にはバトル方式よりこっちの方が馴染めます。
バトル方式だと決勝までにかなり消耗していて決勝のランで実力が出してないことがあるような気がしてるんです。
それぞれ一長一短ありますが今回の懐かし方式も良いなと思いました。
最近無敵の佐々木元やイケ、ロシア、ホトケなどを抑えて優勝したのはヒロ。
あいつのオリジナルトリックの一発は凄いですからね。
誰もまねできないトリックをどんどんやってくれています。
僕は彼のファンなので彼が優勝して嬉しかったです。

そして今回のKOGで良かったことは四時半頃に終了したことです。
いつもKOGはなぜか午後7時過ぎまで時間がかかってしまい、どこの会場に行っても日曜のその時間だと一般の人は家路についていてプロクラスの決勝の時に観客が予選の時より少ないという事態になっていました。
やっぱり最低でも五時前までには表彰も終わるのが理想ではと思っていたので今回、遂に早めに終わって観客も多い中で決勝ができて良かったと思いました。
観客もそうですが地方からのライダーは何とか飛行機がある時間に帰ることが出来るので無駄に一泊しないですむことも早く終わる利点ですね。

KOG終了後は、プリディーあずまさんにお手伝い頂いて今度5月から佐賀のFMラジオで始めるBMXの番組の取材を兼ねてたくさんのライダーにインタビューの協力してもらいました。
僕としてもディギジンを辞めて以来、こうやってライダー達を取材でいるのは楽しかったです。Facebookで友達になっているライダーとか気になっていたライダーとかに話が聞けて笑顔が見れたのが今回名古屋に行った一番の収穫でした。
みんなありがとうございました。ラジオ頑張ります。
もう帰りたさそうな顔をしたプリティーあずまさんを無視して結局二時間くらい取材しました。
楽しかった〜

さて、九州人はお土産が大好きな人種です。
僕も買いました。買ったのはういろう。
初めて買いました。実はういろうって何なのか全く知りませんでした。
名古屋なら青柳ういろうだよって誰から言ってたので買ってみました。
色んな種類があるのでどれがオリジナルなのかもわからずに。
しかし、これは失敗でした。
なぜなら、ういろうって重いんですよ。
あまりの重さにびっくりしながら新幹線で九州に戻りました。
もちろん帰りも博多まで爆睡です。

近日ビデオを掲載しますね。
先ずは写真です。
写真はここ以外でもご覧になれます。
Facebookのこちらのリンクに写真がありますので宜しければご覧下さい。